種から育つマカデミアナッツ

種から育ったマカデミアナッツが、元気にしています。

画像2年半前、ホノルルのスーパーで買ったマカデミアナッツの種を蒔きましたが、1つだけ発芽しました。

その後1度、発芽後に記事にしたのですが、こちらです。

種の記事は、こちら
ちゃんと植物検疫を通ったのはいいものの、発芽率の悪いこと。


画像これが2010年の7月。

何も考えずに土の中に種を植え込んでしまったのですが、これがよくなかったようです。
種を土の上に半分くらいのせて置けばよかった・・・。

でも、発芽した時は感動しました。


画像昨年2011年の2月の様子が、こちら。

冬も室内に入れず、ずっとベランダに放置してあったこともあり、成長は鈍いのですが、何とか生きています。


画像現在です。

何だか不格好である上に、幹がひょろひょろ。
でも、我が家には場所がないので、このくらいのミニチュアでよいのです(笑)。
とはいえ、やっぱり枯れて欲しくはありません。

こういう旅の思い出も、いいものです。

この記事へのコメント

N
2012年08月12日 07:42
マカダミアナッツ、細くても強いですね!
なんとか実るまで、大きく育ててくださいね。

木の苗は、発芽してから数年間は細くて頼りないことが多いですけれど、5年、10年経つと見違えるように立派になります。人間のこども達と一緒・・・

(^。^)

またひとつ、みんさんのこの日記に、毎年の楽しみを見つけてしまいました。どうもありがとうございます。ずっと、よろしくお願いします!
kazuyoo60
2012年08月12日 09:19
マカデミアンナッツって、柊のように棘がたっぷりですね。大好きです。たいていはチョコレートが掛かっていますが。
これからも元気に育ってくれますように。
ミントのみん
2012年08月12日 21:00
Nさん、
冬の間、室内に取り込めば、もっと成長がはやいようです。でも枯れたら枯れたで仕方ないと腹をくくって、放置。ゆっくり育ってくれたらいいです。
ま、枯らすかもしれませんが…(苦笑)。さん、

kazuyoo60さん、
実が生ることを夢見ているうちがいいかなと(笑)。
思い出やら、夢やらのガーデニングも、面白いものです。

この記事へのトラックバック