トウガラシの色々な表情

トウガラシの表情が面白い時期になってきました。
全て、種から育てたものです。
種蒔きのタイミングや越冬の有無で、実が付き始める時期は違いますが、トウガラシのシーズンです。

画像これは、スーパーで買った韓国の赤い甘長トウガラシから採った種を蒔いたもの。

元は、もっと実が長かったように思いますが、まあいいか。 

画像1週間前です。

2色になっていて、面白いでしょう?
この実、虫がスキみたいで、他の品種より虫食いにあっています。

どうやって料理しようか考えています。 

画像これは、タカノツメ。

昨年、屋外で惜しいところで越冬できなかったものの、一番遅くまで、屋外で寒さに耐えていました。
やはり、気候が合うのでしょうか。

上向きで、すっとして、格好いいです。
これも、色が変わってきました。

画像ハンガリアンホットワックス。

タカノツメの次に出てくると、「トド」のようですが・・・(笑)。
手前の小さい実はちょっとでき損ないのようですが、その青っぽい色からバナナ色になりました。
実が重くて、上向きについているので、こうなってしまいます。

これも辛くはないのですが、大きいまま炒めて使うか、肉詰めもよさそうです。

まだまだ他にも色々なトウガラシの表情が、楽しくなっています。
また、後日。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2012年09月20日 10:18
赤い甘長トウガラシですか。甘長唐辛子でも日本のは熟してくると辛くなったはずです。日本から韓国に渡ったと聞いていますが、今やあちらが本場ですね。
タカノツメはあります。赤が綺麗ですから。今はまだ緑です。
ハンガリアンホットワックス、肉詰めはほかのでもなさってましたね。沢山の種類をお楽しみです。
ミントのみん
2012年09月20日 22:15
kazuyoo60さん、
それぞれの土地に合うトウガラシが、それぞれの地域の料理に使われ、おいしいものになるのですよね。
それを狭い我が家でつくるのもまた楽しいものです。
2012年09月21日 00:32
様々なトウガラシの画像と見る角度にミンさんの並々ならぬ愛情を感じます。
黄色いトド…肉詰めしたらさぞ美味しいでしょうね。
N
2012年09月21日 06:37
ハンガリアンホットワックスの肉詰め、きっとジューシーで美味しいでしょうね!黄色、オレンジ、赤くなるまで待ったら、いろいろな色も楽しめるし、きっと食卓が楽しくなるでしょう(^。^)

お料理のご報告も、楽しみに待ってます!

そうそう。ジョロキアも、甘味噌で味付けしたお肉を詰めたら、美味しくなりそうな気がしますが・・・ (^_^;
ミントのみん
2012年09月21日 06:57
honeyoneさん、
見る角度…。実は虫食いを隠した、というのがばれたか!

Nさん、
一昨日はスープ、昨日はマリネにと、毎日使っているのですが、写真を撮る前に食べてしまっています(苦笑)。

ジョロキア…、考えただけでツーンと鼻にくる辛みがきました…(苦笑)。
あんなに生ってしまい、どうしよう。
2012年09月21日 20:09
スーパーで束にして売っている唐辛子を何年か前にバラの虫よけの為に大量に購入しました。
効果のほどはまだ試していませんが、その種を蒔くという発想に目からうろこでした。
そう言えば昔、食用のユリを植えてみたことがありますが、花は小さくてやはり食用ね、と思ったことがあります。
しかし、好奇心は満足しました。
今年唐辛子を買ったらぜひ来年蒔いてみましょう(笑)
ミントのみん
2012年09月21日 22:09
ブルーデージーさん、
唐辛子は散った種からよく育ちますが、やはり冬に弱いので、春に蒔いた方がいいですよね。
鷹の爪はよく発芽するし、綺麗に育ちます。育てやすいことと料理に使えることが最大の魅力です。
我が家では虫よけには役に立ってくれませんが…(汗;)。

この記事へのトラックバック