躍動的な、オレンジのバレリーナ

洗練された曲線が美しい、バレリーナです。

画像躍動的です。

何かにとらわれることなく、自由に解放しているかのよう。
でも、センスや品がそなわっています。


画像チューリップは、日の当たり方で顔が全く変わります。

日が陰っているときには、ちょっと落ち着いたバレリーナも・・・。


画像日が当たれば、高く跳びあがるような表情も。


画像昨日アップした、クルシアナ・シンシアも一緒に。

チューリップを見ていると、日々の疲れがすーっと抜けていくのがわかります。
秋の球根植えからずっと、この日のために待っていたのですから。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2013年04月12日 09:50
チューリップの球根が残るのですか。毎年拝見してる気がします。同じのを買われるのかな?。
ミントのみん
2013年04月12日 13:17
kazuyoo60さん、
覚えて下さっていて、ありがとうございます。
庭の水はけが悪いので、チューリップの球根は、原種系以外はダメになってしまうものが殆どです。

毎秋、購入する品種を決めているわけではありませんが、好きなものは何度でも見たいです。
本当なら、毎年そのまま球根を太らせることができたら、理想です。
われもこう
2013年04月12日 16:49
この色も綺麗ですね~~名前も素敵
ビタミンカラーというのか、こういう色合いは元気が出ます。

咲いて咲いて~~散ってしまうと寂しいのですが、精一杯咲いてくれるからせっせと球根を植えるのでしょうね

光のあたり方で表情が違うって、ほんとによくわかります^^
ミントのみん
2013年04月12日 21:10
われもこうさん、
ビタミンカラー、なるほど。
このチューリップは、他にはない味があるんですよね。
にりんそう
2013年04月14日 11:38
ミント様、咲きそろいましたね、チューリップ
やはり春の”王道”チューリップ。私も大好きです。
毎年今年こそは原種を・・・と思いながら
華やかな大きなチューリップにしてしまいます。
バレリーナすきです~。
ほんと、喜びに舞っているようです。
ミントのみん
2013年04月14日 17:16
にりんそうさん、
花が長く持たないからこそ、大事にうれしく思うのかもしれませんが、それにしても春の強風はいじわるだなあと思ってしまいます。
にりんそうさんのお宅のように豪華で品のあるお庭にしたいのですが、なかなかそうはいきません。

この記事へのトラックバック