染色家・木村不二雄氏の染色展

知人の染色家・木村不二雄氏の「第7回木村不二雄染色展」が、横浜・中区吉田町のリーブギャラリーで開かれています。
毎年、足を運んでいるのですが、今年も行ってきました。

画像木村不二雄氏は、公務員を経て2000年に長野県須坂市で草木染工房‘風(ふう)’を設立して独立、2012年には「信州の名工」として長野県知事の表彰を受けています。

技術、センス、人柄の三拍子そろった染色家だと思います。

画像草木染めの技術の高さは素人の私が何かを言うレベルではないにしても、何といっても元々生物の専門家です。

植物を独特のタッチで描きつつも、その描写の正確さには驚きます。

画像また足元の山野草、いや都会にもある雑草でも、同じ目線で観ると本当に愛おしく思って描かれているというのが、よく伝わってきます。

普段目にするものが、見方を変えるとこんなにも気付きがあると思うと、ワクワクしてきます。
私も日々、こういう目線ももって周囲を見ていきたいなと、強く思いました。

今年は、書家の平井秀子さんとのコラボ作品も見られました。

画像草木染の着物、帯、染額、タペストリーの他、スカーフ、ストールからハンカチなどの小物まであります。

信州の四季の自然描いたものを中心に、多種の植物の他、楽器や乗り物や、プランクトン(!)やクモの巣の柄までバラエティに富んだ作品に出会えます。

横浜での個展は、リーブギャラリー(横浜市中区吉田町71 tel:045-253-7805)で4月28日(日)まで。
入場無料です。

草木染工房 風(ふう)の連絡先は、
長野県須坂市亀倉110-1
026-248-6416
です。

この記事へのコメント

2013年04月26日 19:25
こんばんは~
やさしい色あいですね
長野県って惹かれます
なぜか惹かれます
長野、須坂に惹かれました
草木染のブログをみたのに新緑の長野に行きたくなりました
hyamada
2013年04月28日 18:00
後世に名を残す長野の名工木村さんは、一度是非お目にかかりたい憧れの人です。
ミントのみん
2013年04月28日 20:31
た~らこさん、
草木染は自然そのもの。自然に触れたくなります。

hyamadaさん、
長野に戻られた時でも、チャンスはあるのでは?
そのうちに、きっとね!

この記事へのトラックバック