沖縄<2>国頭・比地大滝トレッキング

沖縄で書いています。
今回、一番楽しみにしていたのが、国頭の森の中を歩くことです。
比地大滝は、昨年の台風で被害を受け閉鎖されていましたが、整備されてこの4月15日に復活しました。

画像森が、アジアンレストランのよう(笑)。

ソテツ、リュウキュウマツ、クワズイモ、ゲッキツやシマグワなど、普段なかなか周囲の山にはない植物がたくさんあり、雰囲気が違って楽しめました。


画像吊り橋も楽しくて、よく整備された遊歩道が続きます。


画像油断は禁物ではありますが、整備されている分、ハブの心配もいくらか少ないように思います。


画像でも、「ハブ・ヒメハブに注意」の看板はありました。

昨日は、蚊もまだいないし、湿度も高くなく、風も適度にあって、よいコンディションでした。


画像季節が良かったせいもありますが、初心者でも十分歩ける遊歩道でした。


画像滝自体は、それほど大きいものではありませんが、やっぱり涼しげで、いいものです。


画像私が見ただけでも、いろいろな生物がいました。

これはよく撮れていないうえになんだかわからないのですが…、キノボリトカゲ??違うかな。
姿が面白いですよね。
尾が2つに割れています。

また、青いトンボ(リュウキュウルリモントンボ)、きれいな色の蝶がたくさん、鳥のアカヒゲにも会いましたが、動いてしまって写真に撮れず、残念でした。

この続きは、帰って書こうと思います。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2013年05月01日 07:15
大きなシダもでしょう。普段見ない植物動物群ですよね。
ただ、ハブだけはご免こうむりたいです。
木登りトカゲとは。珍しいのに沢山出会われましたね。
ミントのみん
2013年05月01日 11:13
kazuyoo60さん、
沖縄は高い山はないのですが、やはり整備されていないところはハブが心配です。
蝶が、名前はわからないのですが、きれいで感動しました。青いトンボもたくさんいました。
キャンプ場もあり、今の季節にこんなところでキャンプできたら楽しそうだなあと思いました。

この記事へのトラックバック