動く、西洋オダマキの花。

やはり、狭くて現実とはいえ、自宅で育てた花を愛でるのはほっとできるもの。

大好きな、西洋オダマキです。
姉から分けてもらった株から実生でふえているものです。
画像満開で、種も付いています。

やわらかい色ですが、にぎやかです。

同じ鉢ですが、薄い色と濃い目の色があります。
実生の2-3年目ですが、多少混ざっているのかもしれません。


画像これは4月25日。

花が若くて、皆、下を向いています。


画像これは、今朝です。

あちらこちらを向いています。
種はみな上向きで付くのですが、花も上に向くように動いているんですね。

あちらこちらを向いた糸玉のよう。


画像空を向いて。

もう少しで散ってしまい、種になるんでしょう。

思いっきり生きている小さな花に、ちょっと心を打たれました。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2013年05月06日 07:12
今年も可愛いお嬢さん、西洋オダマキ咲いてくれましたね。咲終わりに上を向いてくれる、これも良いです。
よしと-さん
2013年05月06日 21:17
 西洋オダマキ、いいですね。せいいっぱい

咲いているんですね。 すばらしい 感謝します。
ミントのみん
2013年05月06日 22:11
kazuyoo60さん、
いつも咲き始めばかり感激し、咲き終わりの動きをよく見ていなかったかもと思います。

よしとーさん、
苧環、今年は虫もまだつかず、元気いっぱいです。
2013年05月09日 08:52
よく観察されて、流石みんさんだと感服しました。
当方も咲き始めばかり見ていて終わった時の種が当たり前のように上を向いていることをずっと見逃していました。
観察眼、というかみんさんは花の目利きだと思いました!
ミントのみん
2013年05月09日 17:16
honeyoneさん、
いえいえ、お恥ずかしい。
私も、あまりよく観ていませんでした。
アブラムシは見えるくせに(笑)。
こういうことがあると、やっぱり楽しいです!

この記事へのトラックバック