観ても楽しいミニトマト

毎年、育てやすくておいしい実がなるように改良されたミニトマトを1種類ずつ、鉢で育てます。
画像今年は、サントリーのピュアスイートミニ。

甘いミニトマトです。


画像ミニトマトはその姿も、観て楽しいものです。


画像使い道も豊富です。

夏は、ちょっとした採りたて野菜が、朝食に役立ちます。


画像ナスタチウムも、サラダに花びらや葉をいれます。
花は意外と持たないので、咲いたらすぐにサラダに…(苦笑)。

小さなハンギングですが、次々花を付けるので、実用的です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2013年07月26日 09:57
立派な房、上手にお作りです。それにしても沢山着きました。美味しいでしょう。
我が家のは黄色が残っています。ナスタチウム、ピリッと美味しいですね。
ミントのみん
2013年07月26日 19:47
kazuyoo60さん、
こういう品種は、私が育ててもうまく生るのがいいところ(笑)。形がきれいでうれしくなります。
ナスタチウム、私は大好きです。ミントやらなんやら色々サラダに混ぜ込んでいます。
2013年07月27日 09:44
毎年ミニトマトの記事を見ると夏だなぁと実感します。みんさんの梅干しの赤ジソとミニトマトは夏の風物詩かな?
ナスタチウム咲いていて羨ましいです。こちらは暑過ぎて休んでいます。又涼しくなったら咲くのかな…。
庭の植物と生活の融和?をいつもありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
ミントのみん
2013年07月27日 11:41
honeyoneさん、
梅干しに赤紫蘇を投入した日に、今年は梅雨明けしてしまいました。
それで、戻り梅雨?かといわれるような日が続いたり、なかなか余裕がなくて、まだ干していません。
確かに、ちょっと上品?な花は、暑いとなか休みしています。

この記事へのトラックバック