咲き続けるシュウメイギク

11月になっても咲き続けている、大好きなシュウメイギクです。
「キク」と言ってもキク科ではなく、キンポウゲ科のアネモネ属。
慎ましやかな咲き方をする、大好きな花です。

画像毎年、どんどんふえていくのですが、場所がないため抜いてしまうことと、夏の暑さでダメになってしまう株があります。

でも、ちょうどよい数のシンプルな花が長く咲いてくれます。


画像もとは、以前のお隣さんから進入してきた株を「保護」したものです(笑)。

こんな笑顔で入ってきたら、それはもう、うれしいですものね。


画像このところ、とてもハードな日々でした。
でもこんな清楚な花が庭に咲き続け、心をなごませてくれます。
庭の空気を吸うことが心身によいのだなあと、よくわかります。

手をかけずとも、こんな姿を見せてくれると、自然に感謝したくなります。


画像そろそろ終わりが近づいています。

花後も、季節の移り変わりを感じさせてくれます。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2013年11月03日 12:00
綺麗で良いですね。
我が家のシュウメイギクは盛りを過ぎてしまいました。ちらほら残り花は咲いてます。
N
2013年11月03日 19:57
可憐でかわいいお嬢さん達ですね!
きっと彼女たちも、みんさんがお心を和ませると、とても嬉しいのでしょう。

しずかに、しずかに秋が深まることを、まわりの空気がひかりとなって、訴えてくるようです。
ミントのみん
2013年11月03日 22:01
kazuyoo60さん、
うちのは、春に葉(というか根)が場所を拡大していくのですが、真夏の暑さで葉がかなりやられてしまいます。
それでそのあと、蕾が付いてから花が咲くまで、元気を取り戻しているのか(?)、時間がかかります。
まだ、これから咲く花もあるくらいです。

Nさん、
秋の空気って、不思議ですよね。空、木の葉の色やお日様の感じとともに、少しずつたしかに変わっていきます。
自然は偉大だなあと思います。人間など比べ物にならないくらい大きいのだと感じます。
にりんそう
2013年11月04日 10:48
おはようございます、ミントさま
私も大好きな花の一つです。
秋の陽射しを受けて
そよそよと咲く姿
真っ白な花弁の中に黄色のしべ・・・・
何ともいえず好きです。
ピンク色も欲しいと思っています。
ミントのみん
2013年11月04日 22:09
にりんそうさん、こんばんは。
私、これが好きで好きで。
それが何年も前、自然とお隣から入ってきてくれたので、鉢に掘り上げて保護して、枯れそうになりました(苦笑)。最初から放置しておけばよかったのに、ほしかったから大事にしすぎちゃって。
でも根付いてくれたのでうれしいです。

この記事へのトラックバック