地面近くで蕾が膨らみ出す、クリスマスローズ

寒い中、地面付近ではごそごそと植物が動き出しているようです。
地面に顔を近づけると、自然と会話ができる季節のような気がしてしまいます。

庭のクリスマスローズです。

画像地面付近で、ピンク色の蕾が膨らんできていました。


画像まだ、手で葉をどけなければ見えないのですが…。

白系も、蕾が。

今年は残念ながら、原種系のクリスマルヲーズ‘アウグチフォリウス’が咲いてくれません。
株の寿命が短いと聞いていましたので、弱ってきたのかもしれません。


画像こちらは、昨秋植えた西洋水仙。
スイセンプロジェクトの水仙です。
雑草まで写っていて、あまり綺麗な写真ではないのですが…。

植えっぱなしの球根モノは早くから芽を出しているものもあるのですが、昨秋植えたものはさらに敏感に自然条件を感じながら出てくる感じがします。
地面付近を見ると、昨秋植えたチューリップも1つ、芽を出していました。

ガーデニングで一番感動するのは、早春、地面を割って出てくる植物です。
春が楽しみです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年01月20日 08:36
元気な蕾が見えます。嬉しい時期ですね。
いま日本水仙が賑やかに咲いてます。次のガリルは2月中旬に咲くかな、その次が大き目の花の水仙ですね。
ミントのみん
2014年01月21日 06:41
kazuyoo60さん、
この時期になると、日本水仙を毎年観に行くのですが、今年は無理そうです。
この時期、庭に日本水仙が欲しいなあと毎年思います。
クリスマスローズは確実に進んでいます。
honeyone
2014年01月22日 20:18
先日のみんさんのブログでクリスマスローズの蕾の話を見てからUPを楽しみにしていました。家の蕾も地表近くでもっと小さく頑張っているのを見つけました。やはり横浜より寒いのかな。チューリップの葉も地面を割って出てきているなんて!
春が待たれる頃っていいですね♪
われもこう
2014年01月23日 12:24
今年はあまり霜柱がないような気も?

小さな芽たちを見ると、春の暖かさを思って嬉しくなりますね。みんさんが良く行ってらした富士山が見える水仙スポットがTVで・・・今年も行かれそうもなくて、指くわえてみてました^^;
ミントのみん
2014年01月25日 01:09
honeyoneさん、
地面の下のエネルギーが感じられて、うれしい季節です。植えてある場所によっても、だいぶ違うかな。

われもこうさん、
今、台湾にいます。日によって気温に変動があり、台北と高雄ではまただいぶ違いますね。日本の気温をみると震え上がります。もう戻らなくてはならないのですが、また記事をアップします。

この記事へのトラックバック