素朴な、原種系チューリップ

春が全速力で駆け抜けています。
「朝、カーテンを開けるのが楽しみ!」って、断然一日のスタートが気持ちがいいものです。

植えっぱなしの原種系チューリップが咲いています。
画像クルシアナ‘シンシア’。

お日様のシャワーを浴びて、気持ちよさそうです。


画像朝一番はこんな顔。

表情の違いが楽しみです。


画像こちらはリトルビューティー。

原種系のチューリップは草丈が低く、全体的に細いのですが、植えっぱなしでも3年くらいは咲いてくれます。
素朴さがたまりません。


画像親鳥を待っているヒナ鳥という感じ?!

今年は、冬の大雪の影響か、花によっては少し咲く時期がずれている感じもします。
でも、これ以上時間が過ぎてほしくないと思うほど、よい季節です。

この記事へのコメント

2014年04月16日 23:12
原種系のチューリップ…カワイイというか妖しい可愛さです♪
家も球根の咲き方が春先までの数度の降雪などで狂っています!少し困惑しますが、それも自然なことだと納得の春です。
kazuyoo60
2014年04月17日 07:13
クルシアナ‘シンシア’、出先で見ました。可愛い花です。リトルビューティーも良いですね。
今年は数種の原種系が咲きました。一番昔のは消えたようですが、球根バーゲンで沢山買ったのです。次々咲いてきます。
ミントのみん
2014年04月17日 07:46
honeyoneさん、
そうなんです、やはり雪のせいかしら。いつもの順序ではない花がありますし、時期もずれています。自然の力は大きいです。

kazuyoo60さん、
バーゲンで原種チューリップの球根を手に入れられたとは、上手になさいますね。
ほんと、かわいくて素朴なので、楽しいです。
われもこう
2014年04月20日 10:26
みんさん、おはようございます

>「朝、カーテンを開けるのが楽しみ!」
わかります。春ならではの楽しみですよね^^

原種系は植えっぱなしができるからうれしいし、可愛いですよね。
ミントのみん
2014年04月20日 17:46
われもこうさん、
春はこんなに楽しいのに、すぐに過ぎてしまいますね。

この記事へのトラックバック