クレマチス‘カートマニージョー’

ニュージーランド系のクレマチス‘カートマニージョー’が満開に近くなっています。

以前一度枯らしていて、これは2-3年前に小さな株で手に入れたものです。
画像


アップルブロッサムの花とは、似ているようで違います。
画像
全体的に緑がかっていて、独特の雰囲気があります。

寒さには相当強いようなので地植えにしてもよいのですが、雨に弱いようです。
画像
今のところは鉢植えです。
それほど蔓が強く伸びないので、これでよいかなと思っています。
ちょっとアルミファイヤーを差し込んだだけです。

ああ、いい気分です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年04月22日 08:15
オセアニア地方の花、これ以外にも特徴的ですよね。こんなに沢山、素晴らしいです。
日本のセンニンソウにも似てるのかな?。時期は春と夏ですが。
2014年04月22日 20:45
ギョイコウ桜の色合いに似ているように見えます。違うかな?
アップルブロッサムとは又違う魅力のクレマチスですね。
家は花壇のクレマチスも昨年全滅!…花壇は色々災難に遭っています。今春新たなクレマチスの苗をゲットするも、なかなか花壇に移植できず時間が経っています。鉢植えの方が良いのかしら?思案のしどころです。
ミントのみん
2014年04月22日 22:51
kazuyoo60さん、
なるほどセンニンソウにも似ていますね。
ただ、全体の醸し出す雰囲気が、やはり違うように感じます。洋風で愛らしい感じがします。

honeyoneさん、
ギョイコウ桜はめったに見ない桜ですが、黄緑っぽい感じが似ているかも。うすい黄緑がだんだん白っぽくなってきます。
クレマチスが全滅とは災難でしたね。
大きくなるタイプのクレマチスはやはり地植えにするのがよいのでしょうが、それはそれで覚悟が要りますし、鉢植えは気楽ですが、水やりの手間が…。
このクレマチスはあまり大きくならないので、鉢のままです。雨に弱いらしいのでね。

この記事へのトラックバック