梅干しに赤紫蘇投入の時期・・・。

超大型の台風の接近、5月に訪れた宮古島を直撃しそうで、本当に心配しています。
宮古島の「まもるくんもしっかりがんばっているでしょうが…。(「まもるくん」は、宮古島へ行かれたことのある方にしかわからないかもしれません)
どうか事前の準備をしっかりされ、被害が出ませんように。

さて、先月漬けた梅干しに、赤紫蘇を入れる時期になりました。
この作業が、一番手がかかります。
画像毎年、庭に自然にちょこっと生えてくる、ちりめん紫蘇。

もっと待てばもっと大きくなるのですが、自宅のものはこの程度。
あとは、買ってきたものを使います。


画像こんな程度でカットしてしまうのが、ちょっと情けないのですが…。
この時期に梅干しに使わないと、意味がありません。

根から抜かずに二枚葉を残して下の方の真ん中をカットします。
花を咲かせて、翌年自然に出てくるのを待っています。


画像6月の半ば、こんな南高梅をほんの2kg、漬けました。

時間のない方でも、少量なら梅干しは簡単に漬けられます。
もちろん、この赤紫蘇投入は好みですから、省略できます。


画像私は赤紫蘇が好きで、ふりかけをつくりますので、たくさん使います。

葉を取って洗い、塩でもんで灰汁を捨てます。


画像白梅酢は、すでにかなり前から上がってきています。
ここへ、赤紫蘇を投入しました。

これで、梅雨明けも楽しみになります。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年07月08日 08:59
先日シソジュースを作りました。鉢に種が飛んで寄生していた赤紫蘇とその辺りの邪魔になった青紫蘇もです。半分余りの見ました。美味しいです。綺麗な色素は土用までにと聞きます。まだ十分な余裕がありますね。
綺麗な梅!、毎年上手に漬けられます。
ミントのみん
2014年07月10日 07:03
kazuyoo60さん、
自分の都合で「今」という時の作業になってしまうので、ベストの時になりません。紫蘇ジュース飲みたいです。我が家は赤と青が混ざったような紫蘇も生えています。
2014年07月10日 20:21
みんさんのこだわりの庭の赤紫蘇投入。必ず庭と共にあろうとする心意気を感じます。
毎年梅干し作りをブログで見ては作ろうと思うのですが~梅酒に新生姜にと脱線している間に季節が過ぎていきます。
みんさんのゆかりができる頃には更に来年こそはと思うのです。真似できるくらいまめだと良いのですが…。
ミントのみん
2014年07月10日 21:49
honeyoneさん、
新生姜を塊に切って、酢醤油に漬けました。半分くらいは昨年の赤梅酢に漬けて紅ショウガにしました。
いつも思うのですが、大量にやろうとすると労力が要りますが、少量ならどうってことないですね。
でも、ソーダ水がなくて、ジンジャーエールはできませんでした(苦笑)。

この記事へのトラックバック