京の甘とうがらしと、庭の激辛とうがらし

京都では、ちょうど旬で丸ごと食べたい甘唐辛子を3種、帰りに錦市場でゲットしてきました。
画像万願寺甘とうがらし、伏見とうがらしと、もう1種は店の札に「京都修学院甘とうがらし」と書いてあったものです。

修学院付近で採れたものでしょう。


画像万願寺甘とう、何をしてもおいしくて、たまりません。
あっという間に食べ切ってしまいました。

種まき用に、少しだけ種を保存しています。


画像「修学院甘とうがらし」を残り物と炒めてさっと1品。

炒めても、焼いても、生でも、夏にピッタリです。


画像庭のジョロキアの越冬株です。
何とかここまで赤くなりましたが、もう少し真っ赤になります。

他の種蒔きした唐辛子は、やっと実が付き出した状態です。
暑くて暑くて、ナス科の野菜はこの時期の疲れにはやっぱり合っています。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年08月04日 20:38
修学院甘とうがらしは、まだ出会ってませんが、奈良も甘唐辛子が主です。
紫がかった緑の甘長唐辛子は皮が柔らかです。奈良のアンテナショップへ自家用の残りを出されることがあります。覗きに行かなくてはです。
ミントのみん
2014年08月04日 21:22
kazuyoo60さん、
奈良の紫トウガラシ、いいなあと思います。
暑くておいしい時に、甘唐辛子をたくさんいただきたいですよね。
honeyone
2014年08月05日 18:50
甘唐辛子…美味しそう♪
本当に辛いものは苦手なので甘唐辛子に片寄りますが~大好きです。今年は甘長唐辛子を蒔く時期を逸して今に至っております。虫の対策に手をこまねいている間に真夏を迎えました。
みんさんの記事で目を楽しませることにします。
ミントのみん
2014年08月05日 21:50
honeyoneさん、
甘唐辛子が本当においしい時期です。毎日食べても飽きません。今日はラタトゥイユにたくさん入れました。
私も蚊に刺されてぼこぼこになるのが嫌なので、完全防備で出るのですが、汗だくになるので、夏は庭仕事、嫌です(笑)。
われもこう
2014年08月08日 14:18
京都をそぞろ歩きなんて素敵でしょうね。
でも暑そう^^;

甘唐辛子はよく使いますが、相方が辛いのが苦手なのでハバネロも今年は無しですジョロキアは超辛!! 見てる分には夏らしくて美味しそうです^^
ミントのみん
2014年08月08日 22:21
われもこうさん、
普段エアコンの中で勤務しているので、外の暑いところを歩くこと自体もうとてもこたえるはずなのに、なぜかこの時を過ごして元気が出ました。
気分転換はとても大切ですね。それと、おいしいものを食べること。甘唐辛子は夏本当においしいです。

この記事へのトラックバック