春を知らせるイワヤツデ(丹頂草) の花

友人から株分けしてもらったイワヤツデ。
山野草と呼ばれるものはだいたい枯らしてしまうのですが(^^;)、これは丈夫です。

純真としかいいようのない花です。
画像


まず葉より先に花芽が伸び、花を咲かせます。
画像


葉が出始めています。
冬の間はひっそりしているのに、ここから先のスピードはとても速くて毎年驚きます。
画像


ちょっと面白い姿です。
画像
この花がまたもう少し広がり、さわやかな春を思わせる葉が伸びてきます。
楽しみです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2015年03月18日 08:54
イワヤツデの名前も丹頂草の名前でも拝見しています。大きな葉なのですね。
沢山咲いて賑やか、可愛い花です。
ミントのみん
2015年03月18日 21:26
kazuyoo60さん、
鉢植えにすると、色々な高さから見られるよさがあります。半日陰のような地面だとひっそりしていて、花に気づかないうち葉におおわれているかもしれません。
われもこう
2015年03月19日 21:12
頭のところが赤くて、本当に名前のとおりですね^^

山野草は難しくてつい敬遠してしまいますけど、咲いたときの喜びはひとしおでしょうね。
ミントのみん
2015年03月19日 22:32
われもこうさん、
たまたま株分けしてもらったという出会いが大きいです。
ここまでの長く感じた冬の分、この時期の変化の激しさはうれしく感じます。

この記事へのトラックバック