原種系チューリップ2種

やっと冬物をクリーニングに出せたと思ったら、春もだいぶ進んできました。

庭にもチューリップが咲いています。
特に原種系の植えっぱなしチューリップは気楽で、花や葉もこぶりですが、周囲になじんでくれます。
我が家は水はけがとても悪く、チューリップの球根は腐ってしまうことが多いのですが、原種系に限っては植えたままで大丈夫。
余計な気を使わなくていいというメリットは見逃せないと思います。

これは、リトルビューティー。
画像

チューリップほど、花の開きすぎ(笑)を心配したくなる花はないように思います(^^;)。
画像

こちらは、レディージェーン。
特に茎に柔軟性があるのか、強風への耐性があるように感じています。
画像

画像

早咲きのクレマチスは散ってきましたが、他のクレマチスの蕾が膨らんできました。
種まきに適した時期になってきて、休みの日にやることが多くなりそうです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2017年04月20日 14:09
綺麗な色です。前の年も同じのを咲かされていたような。元気に咲いてくれました。そして沢山の花です。
ミントのみん
2017年04月20日 21:56
kazuyoo60さん、
ありがとうございます。
植えっぱなしですが、気に入っているのでなおさらそのままです。気楽だし素朴でいいです。

この記事へのトラックバック