積雪、氷、耐寒テスト進行中。

先月の2度の積雪は、結構なダメージがありました。
神奈川県は場所によってだいぶ雪の量が違うことが周囲の話からよくわかるのですが、最初の積雪とその後の低温によって、無理矢理植えてある熱帯性の植物の弱さがはっきりとわかる状況でした。
また雪が湿っていて、雪が植物に載ったまま「氷のギブス」状態になってしまったことも大きなマイナス要因でした。
横浜南部に住んでいますので、東京よりはいくらか暖かいと思っていますが、寒さに強い植物の根性が、よくわかる季節です。

これは今年の1度目の積雪から数日後の、1月27日。
張ったバケツの氷を、寄せ植えに挿してみました。
画像

同じ日の別のバケツの氷なのですが、↓こちらの方が分厚かったです。
画像
綺麗で、うれしくなりました。
あの日はバケツの氷、結構厚くなっていました。
その後今日までは、バケツの水は凍っても薄く、ここ数日は凍っていない状況です。

さて、地面に目を移すと・・・。
青々していたのに、雪で完全にやられて地上が枯れてしまった月桃の足元。
救いの神のような新芽。大丈夫だといいけど。
画像

そもそも、1月21日に撮った時はこんなに青々としていたのに。
画像
雪、恐るべし。
悲惨なので今の全体の姿は撮れませんが、葉は落としてやりました。
地下が生きているといいのですが、やっぱりこれでは今年も花は望めないかな・・・。
同じく無理矢理地植えしていて毎年花を咲かせていた君子蘭が、ダメになりそうです。
あとベランダの多肉が、少しやられています。
現在進行形で、耐寒性をテストされているみたい。

ヒヤシンスはしっかりと地面を動かしています。
さすが。頼もしく思えます!
画像画像
これが動き出すと、啓蟄が待ち遠しくなります。

こちら↓は、西洋水仙。
画像
適当な場所に植えてあるので、発芽したての時は踏んでしまってから気づき、慌てて囲いをする始末なのですが。

日本水仙は、雪で一度倒れてしまい、かわいそうなので縛ってやりました。

秋に蒔いた千鳥草。
画像
長野県の知り合いから分けてもらったもので、さすがに寒さには強いです!

クリスマスローズはたくさん蕾になっています。
またUPしたいと思います。

普段は高温多湿でやられる植物を気にすることが多いのですが、動けない植物が日本の四季に対応するのは本当に大変なことなのですね。

この記事へのコメント

2018年02月04日 20:06
横浜の方が雪は少なく~~寒さもこちらほどではないと思っていましたが…。月桃には辛い日々ですね。新芽が生き延びられますように。
バケツの氷もこうしてみるととても綺麗♪
ミントのみん
2018年02月04日 21:51
honeyoneさん、
バケツの氷は、掴んだ時にどこかに飾りたくなり、急に思いつきました(^^)。
最初の雪は庭ではしばらくそのままで、作業する余裕もなかったのでそのまま凍ってしまいました。
神奈川県も海の近くは全然違うようで、うらやましいと感じます。
kazuyoo60
2018年02月05日 11:29
>月桃の足元
生き返ってほしいと願っています。
我が家は貴地方より冷えますが、日本水仙は沢山咲いて重宝しています。
ミントのみん
2018年02月05日 21:37
kazuyoo60さん、
月桃は毎年、冬場前半は元気なのですが、後半の寒さにやられて地上がほとんど枯れてしまいます。
ただし地下が生きているので再生しますが、冬に体力を奪われてしまうためか、大きくそだったのに花が咲きません。今年こそはと思っていたのですが、この寒さではかわいそうです。

でも日本でも現実にはもっとずっと寒いところや大雪に見舞われている地域もあって、大変です。
どこに軸を置くかで、ものの見方は変わってくるものですね。
われもこう
2018年02月18日 16:54
月桃は南の植物だから雪には驚いたでしょうね〜〜球根類やクリスマスローズは元気ですが、今年は開花が1ヶ月近く遅れてます。

それこそダメ元でお試しだった地植えのシコンノボタンはおそらく枯れました^^; 二度の雪はきつかったですね〜〜やはり野外での越冬は難しいのでしょうかしらね。
ミントのみん
2018年02月18日 17:59
われもこうさん、
シコンノボタンは、我が家では結構丈夫でしたが、強剪定でダメにしてしまいました。大丈夫だといいのですが。
意外と3月も雪が降るので、どうでしょうね。

この記事へのトラックバック