5年目の原種系チューリップの花の開閉            #チューリップ

自分のblogを調べると、植えっぱなしで5年目になる原種系チューリップ クリシアナ・シンシア。

我が家の原種系は草丈が低いものが多いのですが、これは中くらいです。
春、チューリップが強風に吹かれる様子を見るとかわいそうと思ってしまうのですが、昨日、今日の強風は気になります。
でも原種系はシンプルで花が軽く、豪華なチューリップに比べると風への適応力があるように思います。

これは、3日前の朝。
画像


これは、昨日の朝。
画像


今朝です。
昨日、今日と強風にあおられましたが、ハナニラと一緒に風に合わせたように横を向いています(^^)。
縦横を間違えた画像ではありません(苦笑)。
画像


日が暮れる前、気温が下がってきました。
花弁の開閉がとてもスムーズで、豪華でなく花が小さいこともあり適応能力があるのかなと思ってしまいます。
画像

これが5年も植えっぱなし、というのですから、拍手ですよね。

昨秋植え付けたチューリップも強風の中咲いています。
風、少しおさまって欲しいです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2018年04月08日 06:39
原種チューリップ、上手にお育てです。何度か買いましたが、また行方不明です。開いた姿も閉じた姿も可愛いです。
ミントのみん
2018年04月08日 17:05
kazuyoo60さん、
豪華さはないけれど、清楚で可愛いです。
でも植えっぱなし、踏みっぱなし。
水はけが悪いので、普通のチューリップはかなりの割合で球根が腐ってしまうのですが…。
別の種類の原種系はさすがに数が減ってきましたが、育てやすいと思います。

この記事へのトラックバック