涼しげな、青いムクゲ(木槿)。

西日本の災害の大きさには心が痛みます。
何かできることはないかと思うばかりですが、まずは少額ですが募金から、と思っています。

さて数年前、まだ珍しかったころに蓼科のバラクライングリッシュガーデンで手に入れた、青いムクゲ「ブルーサテン」。
ずっと鉢で育てていますが、一昨年は花がほとんど咲かなくなってしまい、根詰まりを起こしたようでした。
低木でも鉢で管理するのは、結構大変です。

大きな鉢植えは植え替えが大変なので減らしているので、どうしようか迷いました。
でも、やはり蓼科のいい思い出もあったので、その後一回り大きな鉢に植え替えました。
昨年は枝も結構切り詰めましたが、今年は6月半ばからとても花付きがよくなりました。
画像


6月の半ばから咲いていましたので、当初はしばらくクレマチスとの競演も見られました。
画像


紫陽花、アガパンサス、ギボウシの花とも色合いが合っていました。
鉢植えなので、全体が華奢ですが、涼しげです。
画像


花同士が押し合うように咲くのも特徴の一つかもしれません。
一日花といいますが、盛りをちょっと過ぎたこんな感じ(真ん中)で、翌朝もまだ咲いています。
画像


アオイ科の植物にはハイビスカス、フヨウ、ムクゲ、タチアオイ、オクラなどがあって、花はよく似ています。
関東地方ではハイビスカスは越冬を考えると地植えにはできないのが普通だと思いますが、沖縄でハイビスカスの垣根などを見ると気候の違いを実感します。
ムクゲとフヨウは花は似ていますが、葉が全然違うので、風になびく姿や雰囲気で遠くからわかります。タチアオイは地面の下で根も生きているようで、毎年同じ場所に咲き、夏に賑やかになる道端も楽しみ。
アオイ科植物の花は、蒸し暑い日本の夏を盛り上げてくれます。

それにしても関東は6月終わりに梅雨明けしてしまい、漬けてある梅干のことを考えると拍子抜けしてしまいました。
6月の末に赤紫蘇を投入してあるので、暑さに負けそうになり、まだ干していませんが既に食べ始めています。
なかなかフルーティーです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2018年07月12日 09:18
綺麗な色です。戴いた紫玉と言う八重のムクゲが今蕾です。
ミントのみん
2018年07月12日 20:58
kazuyoo60さん、
八重のムクゲ、いいですよね。
ムクゲは花の種類が豊富で、この時期見るのが周囲を楽しみです。

この記事へのトラックバック