表情が変わるチューリップと三時に咲く花

前回の記事のチューリップ、白い花びらの端だけが赤かったのですが、咲き進むにつれて全体が赤くなりました。
まだ持っていて、面白いなあと思ったのでここにUPします。
画像
後ろに映っているのは、無事に越冬した月桃です。
今年は防寒対策を施し、なにより積雪がなかったことが大きかったのだと思いますが、こんなに無事だとは感激しています。

今年は我が家のチューリップが咲きだしてからさほどの強風も吹かず、チューリップが結構持っています。
原種系は植えっぱなしで数年咲いてくれるし、シンプルなので好きですが、手前のものは、そろそろ終わり。
後ろの原種系チューリップは昨年秋に初めて植えたのですが、上に別の植物かぶってしまっていたため、蕾が付くのがおそくなったようです。
整理したら、やっと咲いてきました。
画像
花が開いたり閉じたり、表情が変わるのは楽しいです。

1つの株に複数の花が咲きますが、ちょっと雑草っぽいような印象です。
画像


庭作業をして気づいたので突然ですが、「午後3時に咲く」という「三時草」(照波)という植物が咲いていてびっくり。
三時草と呼ばれる植物は「ハゼラン」の方が有名かもしれませんが、これは多肉植物です。
面白いなと思って数か月前に買いましたがずっと花が咲かず、ちょっとつまらないと思っていたのに、気づいたら咲いていました。
3時ではなかなか家に居ないし、植えた場所が目に付かないところ(^^;)だったのでかわいそうでした。
画像
普通チューリップなどは。日が照りだして花の部分の温度が上がって花が開くのだと思っているのですが、三時に開くというのはセンサーの反応の仕方が違うのでしょう。
やはり庭は新たな発見があります!

ちょっと久しぶりに(^^;)草取りをしていたら、毎年困り果てているノウゼンカズラの芽があちこちから出てきていてがっくりしました。
お隣から入ってきているのですがお隣にノウゼンカズラの花は見かけないし、反対側のお隣さんもどこかから入ってきていて困っているようです。
どうしようかと悩みながら、結局対処療法しかしていません。
クレマチスも咲いてきていい季節なのに、困ったものの退治もしなければ・・・。

この記事へのコメント

ひより
2019年04月22日 05:58
綺麗に咲かせて貰って
ミントのみんさんの庭に出逢えたことを喜んでいるように見えます。

わたしも今年はチューリップの球根を植えましたが
面白いくらいバラバラに咲いてくれています(´-`).。oO

月桃地上部、無事越冬しましたね!
本当に今年は暖冬で助かりました。
kazuyoo60
2019年04月22日 07:55
前回の上のチューリップですね。我が家のも咲くときは白が多かったのに、花が大きくなって赤くなってきています。
奈良は原種チューリップでも球根が腐るのかダメです。こちらの原種、何なんもお作りですね。
テルナミですね。我が家のは消えてしまいました。綺麗な花でもノウゼンカズラが茂ったら厄介ですね。
ミントのみん
2019年04月23日 05:57
ひよりさん、
毎年チューリップは、咲いた後に春の強風にさらされかわいそうだと思ってしまうのですが、今年は長く咲いていてうれしいです。

月桃、ひよりさんのおかげで冬が大切なのだとわかりました。でも昨年はラッキーでしたね。
花が咲くかな・・・。
ミントのみん
2019年04月23日 05:59
kazuyoo60さん、
照波は初めてなのですが、面白そうです。
ノウゼンカズラ、困り果てています。
もちろん、咲いている花を観れば綺麗だと思いますが・・・。

この記事へのトラックバック