こどもの日、菖蒲がなくてダッチアイリス♪      #ダッチアイリス

やっと休みが取れ、庭仕事ができました。
お天気のよいいい日でした。

こどもの日の菖蒲湯の「菖蒲」は「花菖蒲」とは違ってサトイモ科だ、などという話から始まり、花菖蒲、アヤメ、カキツバタの違いはどうだったか、など、毎回この時期になると混乱してしまう私(苦笑)。
庭にダッチアイリスやジャーマンアイリスが咲いてさらに「どう違うんだっけ?」と真剣に調べなおしたり・・・(^^;)。

まあでも、今庭にダッチアイリスが咲いているので、これでお祝いとしましょう。
このダッチアイリスは、以前の上司から「町内会でもらった」と球根を譲られたもの。
あれから何年か経ちますが、人とのつながりって貴重だなと思います。
画像


夕方は花の色がだいぶ違って見えます。
画像

ジャーマンアイリスもあるのですが、今年はまだ咲いていません。
ジャーマンアイリスは根茎で、土の上に顔を出しながらふえて、狭い庭では結構イヤなところもあるのが正直なところ(苦笑)。
ダッチアイリスの方が、庭にあるにはすっきりしていて好きです。


さて、草取り草取り。
草取りすると、以前植えて忘れていた植物が出ていて、「あら、抜かなくてよかった!」などと思うことが多いです。
これは以前八ヶ岳で買った、山野草のヒメイズイ。
数株が少しずつふえているようです。
ちょっとアマドコロやナルコユリに似ていますが(ユリ科アマドコロ属)、草丈がずっと小さくて15cmくらいです。
木陰にひっそりあって可愛い植物です。
画像
こういう山野草がいいなあ、とも思うようになっています。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2019年05月06日 08:32
綺麗なダッチアイリスです。下手で数年で消えます。昨秋買った球根はまだ咲きません。ヒメイズイをお持ちなのですね。ブログでは拝見しています。
ミントのみん
2019年05月06日 21:18
kazuyoo60さん、
このダッチアイリスも、我が家と相性がよかったのかしらと思えてきました。
ヒメイズイ、名前を忘れてしまい、ナルコユリじゃなくてなんだったっけ?といつも思います。小さいし丈夫でなかなか可愛いです。

この記事へのトラックバック