ミニスイセン`テタテタ’、東日本大震災から9年。 

新型コロナの影響で、周囲がピリピリしていて、嫌な影響がたくさん出ています。
せっかく庭の花が沢山咲いているのに。

今日で東日本大震災から9年。
震災後に、被災地と同じ水仙を植えようというスイセンプロジェクトに参加したことで送られてきたミニスイセン`テタテタ’。
IMGP7739.JPG

私の中では、とても重いものがあります。
あの時主催された柳生慎吾氏も亡くなられてしまいましたが。
地植えでずっとそのまま放置しているのですが綺麗に咲いてくれています。
IMGP7796.JPG
今日という日が当たり前のように来るわけではないと、この時から強く思い続けています。

それで、ちょっとだけ離れた場所に2つ。
あれ?
IMGP7802.JPG

スイセンは種から出ることもあるようですが、花が咲くまでは数年かかるようで。
あ、たぶん、テタテタの周囲を掘った時に出てきた球根を、毎年掘り上げているムスカリの球根の中に間違えて植えたのでしょう。
これはラッキーだったと思いたい!

今日の気温の高さで、あれもこれも一気に花が咲いてきたよう。

私はテレワークなどにはならないのでいつも通りに働いていますが、休みの日の過ごし方がだいぶ普段と違っています。
庭の花が綺麗な時期に旅行に行ってしまうこともなく、家で好きなことをするのも結構いいかもしれません。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2020年03月12日 07:50
テタテートもムスカリも、例年のごとく沢山咲かされています。私は元々出無精なので苦になりませんが、出かけられないでストレスになる方も多いと思います。
元の生活に近づけない方が多いですね。ホントにお気の毒です。
ミントのみん
2020年03月12日 21:13
kazuyoo60さん、
こういう不安な毎日は初めてで、平穏な日々は決して当たり前ではないのだと、改めて思います。
花たちは気持ちを癒してくれますね。

この記事へのトラックバック