風雨に耐えたチューリップと、タンス種子。

昨日の強い風雨に、出しっぱなしにしていた高いプランタースタンドが倒れてしまいました。
ゼラニウムの小鉢が割れ、グリーンネックレスがずたずたに切断され・・・、寄せ植え多肉が真っ逆さまになっていました。

でもこのチューリップは耐えました。
咲き始めが遅かったからでしょうが、感動したので、朝パチリ。
IMGP8246.JPG

左手前が先に咲いていたもの。
若い方が色が濃いことがわかります。
IMGP8244.JPG

なんと、ピンクのチューリップも残っています。
IMGP8242.JPG
なんだかチューリップに拘っているようですが、花が短いからでしょうね。
でも、5月の花が咲き始め、どんどん変わっています。

少し減ってはいるものの出勤しているので、不要不急の外出は絶対にやめています。
いい時期なので「苗が欲しいな」と思っても、ホームセンターにフラフラと苗を買いに行くのは控えます。

今年は思い出したようにタンス種子(笑)を蒔いたりしています。
花後に種子を採っておくことがありますが、ティッシュに包んで輪ゴムやセロテープで留めてサインペンで「〇〇、〇年秋」などと書いて、タンスに入れておく悪い癖!があるのです。
それで翌年忘れてしまうことしばしばなのですが、今年は有効に使えればと思います。

新たな種を採ったり刺し芽や株分けをしたり、というのが、地味でもガーデニング好きには楽しいもの。
20度前後が発芽適温、という植物は多いので、これからがシーズンです!

この記事へのコメント

kazuyoo60
2020年04月19日 18:15
強い雨風、傷んだ植物たちが可哀想でした。チューリップたち、荒らしをやり過ごしてくれましたね。
ミントのみん
2020年04月19日 21:26
kazuyoo60さん、
風雨には弱いチューリップですが、拍手でした。
割れた鉢に植えていたゼラニウムやグリーンネックレスを処置してやらなくては・・・。
ひより
2020年04月21日 09:35
昨日の雨も凄かったですね。

八重咲きも原種系も綺麗に咲いて
そして綺麗に写して貰って
楽しく拝見しました。

わたしは昨年臨海副都心の掘り取りイベントで連れて帰ったまだ小ぶりなチューリップ球根を育ててました。
保護猫ならぬ保護チューリップ?
予想外に咲いてくれて楽しみました。

stay homeの日々
小さな庭の変化やミントのみんさんの記事が楽しみです。
ミントのみん
2020年04月21日 18:58
ひよりさん、
コメントありがとうございます。
何かの縁で繋がったガーデニングってとても楽しいと思います!

月桃も、寒の戻りに負けずに元気です。
広がるのをまとめているので、ちょっと丈が高すぎて困っているところではありますが、これからも楽しみです。

この記事へのトラックバック