クリスマスローズの大合唱2021♪

放置しておいても力強く毎年出てくるクリスマスローズ。
日に日に花が沢山上がってきて、大合唱するようになりました。

元々あったこの株は何度も株分けし、実生でもこの周囲に広がりましたが、あまりに密集しここ2~3年の夏の猛暑で枯れた株もありました。
でも野性味あふれるクリスマスローズの姿を見せてくれているし、交雑の面白さも教えてくれています。
IMGP1412.JPG


白雪姫のような八重は大好きな株で、買った数年前からだいぶ大きくなり、昨年は株分けもしました。
購入時についていた「ダブルピコティ」という名札を保存していますが、白に赤紫の覆輪(ピコティ)は可愛くて、遠くからでも存在感のある花です。
IMGP1407.JPG


これも八重の赤紫。近寄ってしゃがんでいたくなるようないい感じです。
IMGP1347.JPG上の株と同じ数年前に購入したと思うのですが、こちらは株が大きくなるまで少し時間がかかりました。
上の株の近くにあるので、この辺からでてきている実生株は混ざっているかもしれません。


黒のクリスマスローズ。これは毎年遅咲きなんですが、今咲いています。
そうそう、これはなぜかずーっと株が大きくならうず、早めに咲いてくれないと春の派手な花に負けてしまいます。
株が大きくなるものとどう違うのでしょう。
IMGP1390.JPG

夏に芝を刈るときに、一緒に刈りこんでしまう株もあって、それでも結構復活しているのも不思議です。
ここには載せませんが、花がポツンと咲いたり葉だけこんもりしていたり・・・で。

一重の実生株や株分けしたものを、玄関前に移しました。
実はほとんど日の当たらない場所で、サボって葉切りもほとんどしていなくて乱れていますが、丈夫です。
交雑して花の色が混じっていて、楽しいです。
IMGP1422.JPG
左奥の小さい株は、2番目に紹介した白雪姫のような花を株分けしたものです。

踏みつぶしても起き上がり種でも株分けでもふえ、和風にも洋風にも使えるいい子なので、まだまだ付き合えそうです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2021年03月01日 07:36
大きな株を沢山、素晴らしいクリスマスローズガーデンです。花数も多くて多品種、嬉しいお庭でしょう。
ミントのみん
2021年03月01日 17:41
kazuyoo60さん、
一番丈夫で綺麗な花ですね。
足元が華やかになると嬉しくなります。寒い時から動き出すので、元気づけられます。

この記事へのトラックバック