クリスマスローズの大合唱2021♪

放置しておいても力強く毎年出てくるクリスマスローズ。 日に日に花が沢山上がってきて、大合唱するようになりました。 元々あったこの株は何度も株分けし、実生でもこの周囲に広がりましたが、あまりに密集しここ2~3年の夏の猛暑で枯れた株もありました。 でも野性味あふれるクリスマスローズの姿を見せてくれているし、交雑の面白さも教えてくれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沈丁花香る2月にバッタ発見!?

2月とは思えない、20℃越えのポカポカ陽気。 庭の沈丁花は、大株を昨年処分し、数年前の挿し木した株を鉢で育てています。 香りが強い! 実家の株を挿し木で引き継いでいるので、大切にしています。 大株になった時は、花が小さくなって葉も黄色くなることが多かったのですが、今は小さな株でも花が大きくなりました。 庭の掃除…
コメント:2

続きを読むread more

多肉のクローン物語

ポロンと落ちた多肉の葉から出るクローン。可愛い! これは1月末、多肉の葉のゴミたち。 なんと健気な!! 上のクローンたちを並べると、微笑みが出てしまう・・・。 色々やってますがややこしいので・・・、「狭い場所でもこんなに楽しい!」というマトリックス! 下の左上↓は昨年の今ごろ。鉢にポロっと落ちた蛇のような多肉(若緑か?…
コメント:2

続きを読むread more

バレンタインのバラ

真冬にバラを放置しておくのは本当はもっての外なんでしょうが・・・、結構いいものです。 昨秋、庭に手を入れて、かなりの低木やつるバラ、月桃までを処分しました。 沈丁花は数年前に挿し木をし安定したので、痛んできた本体を処分しましたし、バラのピエール・ドゥ・ロンサールも処分。 ピエールは、挿し木の原木だったノイバラが伸びて暴れてしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

数種のクリスマスローズ、ユルユルと活動開始!

2月も半ば近くになりました。 秋に植えたヒヤシンスやチューリップも地面から顔を出してきました。 庭のクリスマスローズは20年以上の歴史があって、元々の株の周囲には実生でたくさんの子がふえて花が咲くと超リッチな空間になったものの、2-3年前の夏の暑さで1/3くらいに激減。 お隣さんの株から種が飛んで、白花一重の清楚な株や、それら…
コメント:4

続きを読むread more