震災後からの西洋スイセン`テタテタ′の生命力

ミニスイセン テタテタ(テタテートTete a tete)が今年も咲きそろってきました。
IMGP1460.JPG

震災関連のプロジェクトに参加して2012年の秋に植え、そのまま植えっぱなしですが、毎年咲いてくれます。
震災から10年、今はコロナ禍の中。

確実に年月は経っています。
私自身に逆境もあったし我慢を続けたこともありますが、今しかできないと日々一生懸命やったこともあります。

震災も感染症も失うものが大きすぎます。
いま社会は見通せないことが多くて矛盾や忖度がはびこり、思いとは全く違う方向に事が進んで行くことも多いと感じます。
ただ「普通の生活を送れることがいかに幸せだったのか」を実感するようになりました。


庭のテタテタは、どんなことがあっても毎年花を咲かせます。
やっぱり、必ずよいことがあると信じたい。

それで、1輪、全然違うところに咲いています。
IMGP1472.JPG
9年前にまとめて植えた集団は一度も掘り上げたことがありません。
これはタネでふえたのか、うーーん、球根何かと一緒に持ち上げてここに落としたとか、あるかな。
じつは、昨年もここに咲きました。

それで今年はまた別のところ、2mくらい離れたところにポツンと咲いたのです。
IMGP1452.JPG
右奥が9年前に植えた集団です。
タネでふえるということがあるのか・・・。
花後に摘んで、タネになった状態でここに落としたのかしら・・・。

という感じで、やっぱり人間はテタテタの生命力と精神力の強さには負けます!!
IMGP1454.JPG
写真に撮ると実際より草丈が高いように見えますが、小さいのです。
ただ、以前より高くなってきたかもしれません。
奥のクリスマスローズも、さらに花を沢山つけてきました。

これから花たちは勢いづきます。
無心で、花を観たいです!

この記事へのコメント

kazuyoo60
2021年03月07日 05:58
ミニスイセン テタテタ、我が家ではやっと5輪です。消えそうになっていたので地に植え替えました。
こちら様では大繁殖?お上手だなと毎年拝見しています。
ミントのみん
2021年03月07日 21:11
kazuyoo60さん、
恥ずかしくなるくらい手をかけておらず、踏み潰しているのに芽が出てきます(笑)。

あちこち無計画に掘り起こすとわからない球根が出てくることがあります。
地中も整理整頓できていなくて混乱しながらも、結構居心地はいいのだと良いよいですが。。。