薄ピンクがきれいなオダマキとチューリップ

最初に姉から分けてもらい、こぼれ種からずっと命が繋がっている大好きなオダマキ。
大株になりました。
複雑な形が可愛くてたまりません。
IMGP5788.JPG
チューリップは終わった物が多いのですが、この横では薄ピンクのチューリップも咲いています。


オダマキは線が細いのですが、この中では草丈が高いのでわかります。
実生のノースポールと終わりかけのビオラがこんもりしてくると、そろそろGWなんだなと思います。
奥には、以前UPしたフウリンダイコンソウがさらに花をたくさんつけています↓。
IMGP5837.JPG
オダマキは何年かでその場から消えるのですが、実生で他のところにも小さい花が咲いているのを見つけたので、まだまだ続きそうです。

ピンクと言えばこちら。今年は原種系のチューリップは新たには植えなかったのですが、植えっぱなしのものがチラチラ咲き、遅めの開花のものもありました。
植えていないのに、こんな表情をする原種系はそれが何か楽しい感じです。
IMGP5669.JPG
チューリップは他にも色々植えましたが、終わってしまいました。
バラが蕾をつけています。楽しみです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2022年04月28日 04:47
沢山綺麗に咲かせておられます。原種チューリップさえ育たない我が家です。羨ましいです。
ミントのみん
2022年04月28日 08:49
kazuyoo60さん
うちは原種系以外のチューリップの球根は太らないし腐ってしまったりするので、毎年更新します。
でも悪天候が続いて、チューリップは終わりですね。
ちょっと寂しいですが、薔薇の季節も楽しみです。

この記事へのトラックバック