クロッカスの新芽と変化

庭のあちこちにクロッカスが植えっぱなしになっています。

クロッカスこのクロッカスは、昨年新たに植えたものです。
蕾ができています。まだまだ膨らみそうです。

無計画に、場所を選ばず球根を植えたくなるので、あまりよくない位置に植えてしまいました。

クロッカス太くてしっかりしていそうです。
開花までは時間が経つのが遅いと感じるせいか、やっとここまで来たという感じです。

クロッカスのガードこれは1週間前に撮ったものです。
物干し竿の真下に植えたため、いつも洗濯物に気をとられ、踏みつけてしまうので、こんな感じてガード?しているのです。それでもこんなものではだめですね、踏んでしまいます。

チューリップの球根は、パンジーを植えて目印にしていたり、棒を組んで立体をつくって踏みつけ防止にしていますが、草丈が低いせいかいつも手抜きをしています。

余談になりますが、奥のヒョロヒョロの葉ははみ出したムスカリ、右奥の葉はオキザリスです。
両者とも、特に子供の球根が庭にはびこってすごい植物です。

1月18日これは、1月18日、ちょうど1ヶ月前に撮ったものです。
間違い探しのようですが、殆ど変わっていないでしょう?

寒いんですね。1ヶ月で、これしか成長していないなんて。

開花が楽しみです。

"クロッカスの新芽と変化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント