酢の力・・・梅ジャム

梅の花のシーズンですが、梅のジャムって梅の実のジャムでしょう?なぜ今?
怠け者の梅ジャムです。

実はこれ、昨年の夏に作った梅シロップの梅を保管して(=放置して)、今頃になって梅をリユースしてジャムにしたものです。
元の梅シロップが「りんご酢」をたくさん使ってつくったものだから、日持ちしたのでしょうか。
カビも生えておらず匂いもよかったので、20分ほど煮て裏ごししました。
…私の梅シロップのつくり方は、こちらを、
 梅シロップからのリユース梅ジャムのつくり方は、こちらをどうぞ。

おかしなことに、昨年もジャムにしたのは1月で、恥ずかしくて記事にはできませんでした。
カンタンでも、タイミングを逃すとなかなかできない作業で・・・。
入道雲のように、やる気が起こった時にさっとつくるものなのです(笑)
梅のジャム
自分で言うのはためらいますが、すっごくおいしいのです。

リユースの梅なので色は今一つですが、酸味とまろやかさの両方を感じ、コクがあるのです。
捨てなくてよかった・・・。

以前つくって失敗したと思ったことがありましたが、裏ごしにかかっているかもしれません。
裏ごしを手早くするコツは、梅を煮て熱くなった状態で裏ごしすることです。裏ごしを待っている梅には蓋などをしておけばよいのです。

ヨーグルトと梅ジャムこれはヨーグルトに、一番合うと思います。

梅ジャム自体は酸味が強いのですが、ヨーグルトに合わせると、まろやかさがとても引き立ちます。

トーストと梅ジャムもちろん、トーストにも合います。

砂糖を控えめにしたので、たくさん食べられます。
でも、そのせいか、紅茶にはいま一つでした。

紅茶に入れると酸味は引き立ちますが、かなり甘いジャムでないと中途半端になってしまう気がしました。
梅シロップに酢を多めに使うと、「ヘルシー」で「さわやかさっぱり」のシロップになるというだけでなく、「好きな時にジャムにできる」メリットがありそうです。

あ、でも実際には何年も持つものではないと思いますので、その点はご自身の責任でどうぞ・・・(笑)

"酢の力・・・梅ジャム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント