ベビーレタスの間引き&試食

4月の終わりに「ガーデンレタスミックス」と袋に書いてあった種を買って、ベランダの鉢に蒔きました。
レタス色々な種類のレタスが混ざった種のようで、一部は茶色がかって、綺麗になってきました。

虫に食われだすのもいやなので、間引きを兼ねて少しずついただこうと思います。 

5月8日のレタスこれは5月8日の様子。
ささっと簡単に蒔いただけなので、手間も時間もかからず、楽な種蒔きでした。

ぎっしり蒔いてしまいましたが、種は一袋使い切れず、友人にお分けしました。
皆お日様の方を向くのは当たり前とはいえ、綺麗です。

この「ガーデンレタスミックス」という種の袋には「この種子は農薬を使っていません」という記載がありました。
「種子が農薬処理されているものは、双葉くらいまでは農薬が残っている可能性があるので、種や双葉は食べない方がよい」と、以前農大の先生におききしたことがありました。

農薬を使っていないと記載がありましたが、間引きして、そのまま全て食べられるかどうかを、この袋に記載されていた「サカタのタネ」の窓口に電話で問い合わせてみました。

「この種子は殺菌剤を使用しておらず、間引きした際根からすべて召し上がっていただけます」とのこと。
小さいサイズのミニレタスとしてしか考えていませんでしたが、大株でも使えるようです。
「この袋で育つ苗の本数:およそ1000本」と書いてあり、これを大株にするには、相当広い畑でないと無理でしょうが・・・・。

間引きしたものは、「食べる」他、そのまま別の場所に植えてもよいとも説明を受けました。
でも、早く食べたい~(笑)
ただ、「根から抜かずカットした場合、カットした株を成長させるのというのは、期待できません」とのことでした。

採った種を蒔くのも楽しい作業ですが、購入した種は発芽率がよい上問い合わせもできるので、やはり利用価値は高いと思いました。

サラダにさて、簡単なトマトと玉ねぎのサラダに。
写真に撮るほどのものではありませんが。

無農薬ですし、ちょっとした彩りとして利用価値が高そうです。

"ベビーレタスの間引き&試食" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント