青い猛獣サルビア

6月から、青い猛獣のようなサルビア・グァラニティカが咲き続けています。

サルビア・グァラニティカ毎年、長い間咲いてくれます。

この青は、真夏の暑い時期にも映えますし、秋の気配のある空にも合う色合いです。

独特の、強い香りがします。
嫌な香りではありませんが、口に入れたいとはあまり思いません。

サルビア・グァラニティカよく観ると、猛獣が吠えています(笑)。

毎年必ず咲くこのサルビアからは、まさに「宿根草」に代表かと思えるような図太さを感じます。

一度、別の場所のサルビア・グァラニティカの根を掘り起こしたことがありました。
根はサツマイモのような太さがあり、掘り起こすのが一仕事となるほどの大きな塊となっていました。

サルビア・グァラニティカ高さが150cmほどあり、傾くと邪魔でした。
でも、この場所に咲くと、先日アップした長いもの蔓がうまく絡んで、蔓が「傾き防止」の機能を発揮してくれるのです(笑)。

放置してこうなるなんて、うまくできているものです。

"青い猛獣サルビア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント