濃いピンクのローズリーフサルビア

先日記事にした冬咲きクレマチス(シルホサ・フレックレス)の絡まる垣根の向こう側にある、ピンクのサルビア・インボルクナタ(ローズリーフサルビア)です。

ローズリーフサルビアすぐ近くですが、これはお隣さんのものです。

毎年この時期になると、私の背と同じくらいの高さの、可愛い色のサルビアが咲きます。
我が家では、冬咲きクレマチスと「セット」のような感覚を持っています。

秋というと渋い色をイメージしますが、この花はご覧のとおり、鮮やかな色です。
春先に咲いていたら「可愛い」というだけで終わってしまうと思いますが、この時期に咲くからこそ、「力」を与えてくれるのかもしれません。
私には、「これから寒くなっていくよ」と教えてくれる花です。

ローズリーフサルビア咲き始めの花です。

サルビアに詳しい「Yuji's Salvia Garden」 によれば、このサルビアは、先の部分の「苞葉」が球状になっている品種と、細長い品種があるようです。
これは、丸い品種で、なんとも特徴があります。

ローズリーフサルビア以前一度、一部を頂いて挿し芽をしたことがあったのですが、見事に失敗。
多分、気温が低いのに屋外に放置してあったせいでしょう。

でも目の前で見られるのですから、なんともありがたい「借景」です。

"濃いピンクのローズリーフサルビア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント