金のなる木と5円玉

小さな状態で我が家に来た金のなる木、5年かかってやっとこの大きさになりました。
これにまだ花は咲いたことがありません。
金のなる木
割れた鉢のリユースでもあり、blogをはじめたばかりの頃、まだ小さいこの金のなる木を掲載したことがありました。

その後も鉢はそのまま、ずっと使い続けています。
アルミワイヤーがかかっていますが、吊っていたこともありました。

さて、金のなる木とは、どうしてそういう名前で呼ばれたのでしょう。

南アフリカ原産で、英名は「doller plant」。確かに葉は硬貨のようではあります。
日本に入ってから、栽培業者が5円玉を若芽に通して栽培し、茎に5円玉が通った面白い状態で流通されたようです。
ちょっと、面白いなと思っていました。
金のなる木と5円玉さて、若芽が沢山付いているので、5円玉をはめ込んでみました。
大切にしたいと思う気持ちを込めて(笑)きれいに洗った5円玉です。

実際には、下の部分の葉が分厚く動きにくいせいか、小さい若芽にはめると、押し込んでも浮き上がってきてしまいます。
技が要りそうです。

金のなる木と5円玉こちらは穴ギリギリの大きさの若芽です。

「5円玉の穴よりも茎の方が太くなり、首を絞められた状態になって先が枯れてしまう」というネット情報がありました。
たしかに、ちょっとかわいそうな感じもします。
様子を見て、耐えられそうになかったら、そこで切って挿し芽にすることにしましょう。
タイミングが難しそうですが、木が枯れてしまうことはないでしょうから・・・・。

金のなる木と5円玉
でも、この金のなる木、北側のベランダで水遣りもほとんど忘れて、何年も枯れずにいました。
初めて、日のあたる場所においてやっています。
放置するよりは、こちらの方がいいのではないかしらと、勝手に考えています。


人間、まず「心と体」ではありますが、小銭から大切にしていく気持ちを忘れずに、金のなる木をもう少し手厚く見守り、いくらかでもこういうものに「ご縁」があるようになればよいのですが・・・(笑)。

"金のなる木と5円玉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント