クロッカスの開花

今日は暖かくて、身が軽くなるような一日でした。
あまり日当たりのよくない場所にある、存在すら忘れていたクロッカスですが、開花しているところを見つけました。

クロッカス思わず「あっ」と声をあげてしまいます。
巻貝のように尖った状態で、何日か開花を待っていました。

お日様が当たる時だけ開く花は、なかなか写真を撮るタイミングを失います。
でもそれだけに、開いた時に出会えると、うれしくなります。

クロッカス何の手も掛けていないのに、地面の近くでしっかりと陽をあびて花を咲かせる姿は、なんと健気なことか。

予定ではまだまだたくさん咲くはずなのですが、どこに植えてあったのだか、探さなくては・・・・(苦笑)。

クロッカスの手前は、クリスマスローズ‘アウグチフォリウス’手前は、以前アップした早咲きのクリスマスローズです。

早春の花は素朴ですが、上品な気がします。

開き出した沈丁花クロッカスの手前に置いた鉢植えの沈丁花も、花が開いてきています。
まだそばに寄らないと、香りはしませんが。

年末からのムスカリや、今月初めからのハナニラなど、咲き始めのフライングもありましたが、これもまた楽しいものです。

花の咲くスピードに、アップが追いつかない時期が、すぐそこまで来ています。

"クロッカスの開花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント