辛さ猛烈、ブート・ジョロキア

友人に初夏に、種から蒔いたジョロキアの小さな苗を譲ってもらいました。
成長はしたものの、最初なかなか花芽が付かなかったのですが、最近になってやっと実が沢山付いてきました。

ブート・ジョロキアふわ~。ふわ~。
我が家のジョロキアは、白っぽくてお化けのようです。

ブート・ジョロキアの「ブート」って、「幽霊」の意味だそうです。
「ハバネロより辛い」ようには、見えません。

ブート・ジョロキア沢山咲いている花が、一気に実になりつつあるところです。


種蒔き後のジョロキアこれは、友人からもらった後の様子です。

こんなに可愛かった苗も、ぐんぐん伸びました。

ブート・ジョロキアほわ~ん、という感じの色ですが、表面には凹凸があります。

それにしても、他のトウガラシがどんどん花芽を付けた真夏に、どうしてジョロキアはなかなか付かなかったのでしょう。

苗をくれた友人が教えてくれました。
ジョロキアの産地出身のお知り合いの話によれば、産地でのジョロキアの開花と結実の時期は、<冬>なのだそうです。
え?これって、他のトウガラシでは考えられません。

そしてジョロキアは、夏の平均気温が32℃、冬は4℃~27℃の地域が<南限>だそうなのです。
ということは、暑すぎると花芽は付かない、ということですよね。
ましてや、今年の夏の気温では・・・・。

そして気になる耐寒温度は4-5℃ということです。

一般的に「予防線を張って」耐寒温度5℃、などと説明されている植物は、我が家の場合、屋外でもたいてい越冬してしまうのですが(笑)、ジョロキアは多分、我が家のベランダでもダメでしょう。
取り込むしかありません。

ジョロキアの収穫これは、一番最初に大きくなった実です。
赤くならないかと待っていたのですが、一部が紫色になってきました。

産地出身の方の話によれば、「緑色の濃い薄い、紫がかっている」というのは、バリエーションなんだとか。
大きくなっていて、表面に凹凸があって、紫がかってきたというのは、「赤く激辛になる直前の、生で香りが最もよい<食べ頃>」なのだそう。

頼りない姿に見えたので、驚きました。

ジョロキア試食こわごわと、先っちょから切りながら、食べてみました。

先の方は、全く辛くありませんでした。

ここまで食べた時、急に・・・・きました(汗)。
そして、辛さは半端ではありません。

冷奴+ジョロキア生でみじん切りにし、冷奴の薬味にしてみました。
薄緑のものは、ネギではなく、ジョロキアです。

この量で、その辛さは、我が家のハバネロの数倍ではないかと思うほどでした。
辛さがびっしり詰まっていて、豆腐をたくさん一緒に食べないと、いられません。

あとは、加熱していただくしかありませんね。
沢山なっているジョロキア、うれしい悩みになりそうです。

"辛さ猛烈、ブート・ジョロキア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント