ブログも丸6年、奇跡の桃

2005年1月7日に始めたミントのみん、丸6年を迎え、7年目に突入します。
訪問してくださる方に、感謝をしたいと思います。

「奇跡の桃」の蕾庭の鉢植えの桃の蕾です。

6周年を飾るには地味に見えますが・・・。
これ、実は「奇跡の桃」なのです。

「奇跡の桃」の蕾この桃は、2003年の初夏に手に入れ、鉢のまま大きくしないで、主に花を鑑賞していました。

でも一昨年の夏、縮葉病になったり、アブラムシのせい?で全体がベタベタになってしまいました。
両手を広げるように枝を伸ばしていたので邪魔になっていたため、その秋に思い切って処分することにしました。

鋏やのこぎりでバラバラにして、15cmほど残した根元付近を手で掴んで鉢から出し、根もほぐさず庭の隅に「ポイ!」としたのでした。

昨年5月7日ところが。

その数ヵ月後、庭の隅に斜め逆さに捨ててあった塊から、緑のものが見えたのです。
何だろうと思ったら、葉が出ているではありませんか。

昨春の5月7日の写真です。
これが、土むき出しの逆さま状態で、塀と金木犀の木の付け根の間に挟まっていたのです(汗;)。
本当に驚いてしまいました。

心情的に放っておけなくなり、このように以前よりやや小さな鉢に戻しました。
この後、夏には枝が伸びて葉が茂りました。

我が家では「奇跡の桃」と呼びます(苦笑)。

2008年3月28日の桃の花
これは3年前の3月末の様子です。

実は期待せず、思い切り花を楽しみました。

桃の蕾そして再生(汗;)後、初めての蕾が付きました。


植物から伝わることは、山ほどあるものです。
今私がガーデニングで一番関心があることと言えば、種蒔きや挿し芽などで植物の命をつなぐこと、このような驚きを感じられるところ、それと庭で採れたものでつくる料理、でしょうか。
もちろんリユースでのガーデニングは根本にありますが。

ただし悲しいことに(笑)、「狭い場所+働く主婦」ですので、ガーデニングも妥協続きです。
そんな中、捨てたのによみがえる「奇跡の桃」に出会ってしまう・・・・・。
これが、私らしさなのかもしれません(笑)。

ミントのみん、7年目もやはり、好きでたまらない植物たちとの戯れを書き続けるつもりです。

"ブログも丸6年、奇跡の桃" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント