ギボウシの蕾は、美味しい!

ギボウシが、花を付ける時期になりました。

画像このギボウシは数年前に株分けしたものです。

葉が涼しげで、日陰を「気持ちの良い場所」にしてくれます。

画像花が咲くと、さらに涼しげです。

花はあまり注目されませんが、よく観ると繊細で綺麗です。

画像こちらは、株を分けた元の株で、まだ蕾の状態です。

オオバギボウシは庭にあると忘れていますが、あの「ウルイ」です。
ですから春に新芽は美味しく食べられるはずです。
ただ春先に庭に出てくる新芽の美しさとその力強さには感激してしまい、とても摘むという気持ちになれません。

しかし、蕾を持った茎を食べるのがおいしいという記事を見つけました。

急に興味がわいてきました。

画像まだ蕾だった部分を切ってみました。

ちょっと、アスパラガスのように見えます。

画像塩茹でしました。

これが、おてもおいしかったのです。
クセがなく、蕾の部分はアスパラガスに似た食感でした。
味も、アスパラガスに近い気がします。

茎の部分もおいしいのですが、繊維が多く、あまり下の方は無理かなとは思いましたが。

ギボウシは葉が涼しげで綺麗だし、花はその一部で楽しんで、あとは蕾のうちにに「いただき~!」というのも、ギボウシの楽しみかもしれません(笑)。

"ギボウシの蕾は、美味しい!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント