山野草のイワヤツデ(丹頂草)

華やかな春に、素朴で涼しげなこの花。
友人から数年前、「名前がわからない」と、株分けしてもらったものです。
葉はヤツデに似ていますが、ちょっと違います。

画像ほんの小さな根を分けてもらったのが、やっとここまでになりました。

ただならぬ変化をする植物です。
春にはこんな涼しげで、その後葉を茂らせ、秋には紅葉します。
冬には葉は全て落ち、しばらくじっとしています。

画像これは3月下旬。
蕾はピンク色で、葉より先に花芽が付いて、花が咲きます。

余談ですが、一度割れた鉢も接着剤で付けて再生。
鉢は水が漏ってもよいものですから、まず捨てません(笑)。
周囲に苔まで張って、いい感じになっています。

画像少し経って、4月1日の様子です。

後から若々しい葉が出てきます。
ずっと鉢で育てていると、花が咲く時期にはウキウキします。

日本園芸協会・植物博物館で調べて、やっと正体がわかりました。
山野草だったなんて・・・。
イワヤツデ、別名タンチョウソウでした。

条件の悪い我が家では、山野草は常に枯れてしまう運命をたどるのに(苦笑)…、とても強い植物です。

画像lこれは、今。
清楚で、葉も綺麗で、いい感じ。

ユキノシタ科の植物で、水切れに弱いようです。
たしかに水切れするとすぐにヘタっとなってしまいます。

画像涼しげです。
秋の紅葉も、なかなかいい感じなのですよ。

盆栽風にすると素敵なのでしょうが、我が家ではこんな感じ。
ユキノシタがふえている日陰辺りに地植えしてもよさそうです。

"山野草のイワヤツデ(丹頂草)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント