かわいい、原種系チューリップ

今年は春が来たのが遅いせいか、一度に花が咲き、うれしい悲鳴を上げています。

大好きな原種系の小さなチューリップ・フミリス‘リトルビューティー’と‘ペルシャンパール’が、小鳥のように咲いています。

画像チューリップ・リトルビューティーと、雲間草です。

ここのチューリップは今年植えましたが、踏みつけ防止のために、あとから雲間草を植えました。

後ろ左の方にも、同じ色のリトルビューティーがあります。

画像お日様の光の強さに合わせて開く花って、正直で好きです。

動けないにもかかわらず、その場で一生懸命なところが。
 
画像最初の写真の後ろの方にあるリトルビューティーは、植えっ放しだったもの。
近づくと・・・、こちらは、まだ開きかけです。

原種系のチューリップは、水はけの悪い我が家でも、植えっ放しで毎年咲いてくれます。
どこに何を植えたかなんて忘れてしまうので・・・、思ってもいない場所から生えてきてびっくりしたりします(笑)。

画像こちらは、同じフミリスという原種名ですが、ちょっと違う‘ペルシャンパール’。

画像花弁の付け根のところが黄色で、可愛い感じです。

やはり、チューリップは春らしくて元気が出ます。
他のチューリップも、やっと咲き始めました。
春が進むのがもったいないような気持ちになってしまいます。

"かわいい、原種系チューリップ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント