ダリア‘ウェディングマーチ’の開花。

昨年、蓼科バラクライングリッシュガーデンで購入した、ダリア‘ウェディングマーチ’が、今年も咲きました。

画像夏涼しくて快適な蓼科で育ったものが、こんな高温多湿の我が家に持ち帰ってどうなるのだろうかと心配していました。

昨年の記事は、こちらこちらです。

地下で冬を越せるのかどうか、心配でした。

昨年は、バラクライングリッシュガーデンの方が教えてくださったように、寒くなってから、地上から10cmくらいでカットしました。
画像今年の3月の様子です。
早咲きチューリップの球根と雲間草を植えて、踏みつけを防ぎました。

後ろにある、枯れて見えるものが、ダリアです。
生きているのか、地上から見るだけではわかりません。 

チューリップも咲かせて、場所はキープしましたが、しばらく変化の兆しがなく、「枯らしたか…」と思ってあきらめていました。 


でも、5月の初め、新芽を見つけた時の感動と言ったらありません。
宿根草の喜びって、こういうところにあるのでしょう。
画像これは、5月10日の様子です。
「これは、大丈夫だ」とほっとしました。

その後、ぐんぐん大きくなり、1か月半ほどで、蕾を付けました。

画像雨になってしまいましたが、元気に咲いています。
蕾も沢山付いています。
先月の台風の前に、支柱も立てました。

やはり、好きな花はいいものです。

これからさらに蒸し暑くなるので、大切にしてやりたいと思います。

"ダリア‘ウェディングマーチ’の開花。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント