サフランのめしべ採り

クロッカスによく似ていて、でもこの時期(晩秋)に花が咲く、庭のサフランです。

画像クロッカスとの大きな違いは「花の時期」。
この花のめしべを料理に使うので、私にとってはクロッカスとは全く違う花という認識です。

でもクロッカスと同じ「アヤメ科」に属していますし、よく似ています.

でも、赤いめしべがべろーんと長い!
そう、赤いほうがめしべというのも、意外です。

画像早くから葉が伸びてしまい、花が隠れてしまっています。
そして、クロッカスと同じく、花後にはさらに葉が長~く成長します。

6年前のこのblogの記事で「ガラクタの中で花を咲かせていたサフラン」があります。
この時は単独で育ちましたが(苦笑)、葉が伸びていません。
球根自身の栄養分を、殆ど花に送っていたのかもしれません。

また群生させることにあこがれていたので、この後今の位置に植えっぱなしにしたのだと思います。

もっとふえて欲しいという気持ちがあるので、受粉はしてもらいたいし、めしべを採りたいし…。
蕾から開いたばかりのものは待ち、萎れる寸前を狙っておしべを採りたいと思います。

画像実際には、花は終わるとこのようにパタンと倒れたり、萎れ始めたり。

色々な状態の花が混ざっています。

あ、ここにはヒメツルソバと、今年の花の種から出たカラミンサの葉もあり、雑然としています。

画像今日の収穫。
ていねいに、めしべを採りますが、切れてしまったものもあります。

3本に分かれていても、根元の黄色い部分は1本になっていて、なるほどめしべなのだと実感します。
粉だらけの黄色い方がおしべなのですよね。

この状態だと、匂いはほとんどありません。
めしべは真っ赤ですが、水に入れると黄色くなるのは不思議です。

画像これは、2-3日前に採ったもの。

素人が自宅で使うだけなら、キッチンペーパーで包んで、こんな感じで乾燥させます。
保存はできますが、私にとってはサフラン料理はこの時期が旬です。

さて、パエリアをいつ作ろうか…。

"サフランのめしべ採り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント