庭のバラ‘ピエール・ドゥ・ロンサール’と、バラの盗難事件

梅雨が近づいてきました。

バラも、さわやかな気候の時期はよいのですが、少し可愛そうな時期になりつつあるようです。

画像一昨年植えたバラ、ピエ-ル・ドゥ・ロンサールです。


画像


画像


画像まだ周囲が臨時のものだらけです。
誘因しなくては。

5月に、横浜の山下公園のバラを観て感激しました。
やはり、肥料や手の掛け方が違います。

その山下公園で、バラの盗難が相次いでいるという報道に驚きました。
引っこ抜くなんて無理だろうにと考えたらそうではなく、100本ちかくのバラが、切られたり折られたりしているそうです。

それでも、挿し木するのだろうかと思ってしまった私。
よくよく考えたら、切って飾る?
あり得ないです。育てるのがどれだけ大変なのか、思い知らせたいです。

"庭のバラ‘ピエール・ドゥ・ロンサール’と、バラの盗難事件" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント