「ザル」からパクチー

パクチー(コリアンダー)ほど、好き嫌いの激しいハーブはないでしょうね。

私はと言えば、これはもう本当にスキで、考えるだけで食欲が出てきます(笑)。
いつもベランダに置きたい・・・。
ただ、小さなプランターに種を蒔いて、少量をちょこっと使う程度ですが。

これは、景品でもらったプラスチックの折り畳み「ザル」です(笑)。
画像
いつもの金属製の「ザル」と違い、底の部分しか穴がなく、種まきには結構いい感じです。
使わないときにはつぶせば薄くなるのも邪魔にならず、ベランダにはよさそうです。

これは、GW中の様子です。
画像
ここからだいぶ大きくなりました。


やっと10cmくらいになったので、間引き間引き。

もう10年以上前に園芸療法の先生から「スプラウト用の種ではないものは農薬処理されていることもあるので、間引きするときに種の皮を食べないほうがよい」と言われたことがあります。
なので、抜いてから念のため双葉の上でチョキン。
もしかしたら種の袋に農薬の使用がないと書かれていたかもしれないのですが、袋を切って捨ててしまったのは失敗でした。

休日のチャーハンに気軽に。
間引き分なので小さいけれど、香りは強い!
摘んで、洗って・・・、その間に指にもパクチーの匂いがい~い。
画像



で、これとは別に、ずっと前にポット苗で買ったパクチーが、花後、種を付けています。
これは4月中旬に、パクチーの花がきれいで夢中になって撮ったものです。
画像


これが今、種を付けています。
画像

画像
種らしくなってきました。
もちろん種は匂いはしませんが。

これらも蒔いてみる予定です。

"「ザル」からパクチー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント