一番見頃、梅雨時の箱根湿生花園

第二の故郷(笑)、箱根仙石原の箱根湿生花園へ行きました。
6月下旬~7月初めの梅雨時が一番いい、とは聞いていましたが、今回は今までで一番花が綺麗だとはっきり言えるくらい、とてもよかったです。

ここが好きで、年に2-3回行くのですが、行くたびに自然の表情が違って飽きることはありません。
今回、花が綺麗でしたので、とにかく花を少しだけUPします。
オカトラノオマツモトセンノウクガイソウ
ホザキシモツケ草レダマエゾミソハギ
ニッコウキスゲノハナショウブハマナス
ハナショウブヘメロカリスノハナショウブ

仙石原に泊まりましたので、朝、ススキ草原の近くまで歩きましたが、道端近くの草むらにホタルブクロがたくさん咲いていました。
朝の散歩だったのでipadしか持っていなかったのですが、思わず写真を2枚撮りました。
私たちが子供のころはもっと周囲にたくさんあったように思うのですが、最近では園芸店でも結構な価格で販売されている印象を持っています。
何気なく撮ったのですが、10年くらい前に現地で買った(財)箱根町観光公社発行の「改訂版箱根湿生花園の花」というガイドブック(これがかなり面白いのです)を見ると、どうもこの2種のホタルブクロはすぐ近くにあったのに種類が異なるようなのです。
「ヤマホタルブクロとホタルブクロの区別」とあり、「ホタルブクロはガクの一部が反り返っている」とか。

こちら↓はホタルブクロ。ガクの一部が反り返っています。
画像

でこちら↓はヤマホタルブクロ。ガクはシンプルで、反り返っていません。
画像


湿生花園内にもホタルブクロはありましたが写真を撮り忘れましたが、「湿生花園の花」によれば、ホタルブクロは全国に分布しているのに対し、ヤマホタルブクロは中部・関東を中心に分布が限られ、高山にも生育しているのだそうです。

昨夜かなりの勢いで雨が降りましたがその後上がり、鳥の声が響くしっとりした朝になりました。
仙石原湿原植生復元区のノハナショウブがとても綺麗でした。
画像

"一番見頃、梅雨時の箱根湿生花園" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント