月桃の冬支度

慌ただしくなってきました。
どうもこの時期は好きではありませんが、そうも言っていられません。
年末年始は職場の最繁忙期だし、家庭だってバタバタして、気ばかり焦っています。
おまけに免許証の更新の案内が来てしまい、ああ面倒。。。

さて、そんなことを言いながらも、植物は可愛がっています(笑)。

種から育てた月桃、非情な私は毎年地面で真冬も放置していました。
根は生きているので春に葉は伸びてきますが、花が咲かないのは仕方がないとあきらめてはいました。
でもこちらのblogのひより様が、横浜でも冬場、月桃を寒冷紗で丁寧に覆って花を咲かせていると教えてくださいました。
株も我が家よりずっと大きくて、寒さ避けも立派で比べ物にもなりませんが。
前年に育った部分に花が咲くとのことで、冬場に地上部を枯らさないことが大切だそうです。
ただし、昨冬は雪が多くて寒かったこともあり、花が咲かなかったとのことですが。
(12/25加筆:降雪と開花の関係ははっきりしたことはわかりません)

我が家、広がってしまう葉をワイヤーでまとめながら、こんな状態で育っていました。
これは11月に撮りましたが、これから1か月経ってしまいました。
画像


ホームセンターで買ってきた、寒さ避けビニールを2つかけることにしました。
画像


上を縛って完成。
ビニールには小さな穴がたくさん開いています。
画像
下はフックか何かで留めた方がよいのでしょうが、とりあえず石を置いて重りにしました。
これだと雪が降ったら上部が弱いのかもしれませんが、やらないよりはマシかなと。

直径60cm、長さは12mありましたから、まだ使えます。
うちの月桃は150cmくらい、支柱を入れて160cmほどでしたので、上を縛る分を取って210cmの高さに2枚切って使いました。
画像


昨冬の積雪で、何年も庭にあった君子蘭が全滅してしまった感じで大ショックを受け、もちろん花も咲かなかったのですが、残しておいたほんの一部が生き残っていてうれしくなりました。
「捨てる植物と残す植物を分けなければ」とどこか切ない気持ちになるのも、植物育て独特のものなのかもしれません.。

"月桃の冬支度" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント