日本人名を冠した月桃 in台北植物園

先週、台湾の台南と台北へ行ってきました。

台南から台北に行くと人が多くて疲れるのですが、都会のオアシスはやはり植物園。
台北植物園は2度目なのですが、今回は割とゆっくり観られたので、有意義に過ごせました。
画像

台北植物園の中の「(月辺に昔)葉館」(植物標本館)を訪れました。
画像


もともと1924年(大正13年)に建てられた、元日本統治時代の台湾総督府の中央研究所林業部の標本館で、2017年に改装されたようです。
日本統治時代に日本人の植物研究学者が多く活躍し、植物名にも残っていることがよくわかります。台湾の当時の日本語読みの地名を冠していあるものもあり、地図も展示されていました。
画像

画像


標本館には2名の女性係員の方がいて、私が素人でも熱帯植物好きであることから、結構盛り上がりました。
「月桃を横浜で育てていて、冬に地上部が枯れてしまうが地下は生きていて、春から葉が茂りだすが、花が咲かない」という話をしたら、月桃をそんなに苦労して育てること自体に驚かれました。
若い女性係員は「寒すぎるのよね~」、年配の係員は「横浜はそんなに寒いのか?」と半分驚かれ(^^)、「台北植物園には月桃ロードがあって、たくさんの種類の月桃があるから、よく見て行ってね。日本人の学者の名前も入っていますよ」とおっしゃいました。

またお2人の係員に、「そんなに興味があるんだったら、台湾のちょうどど真ん中の位置にある「惠(草冠に孫)林場」というところへ行ってみるといいですよ。台中からバスを乗り継いでいくのです」とのこと、ああ、夢にでも出てきてほしいです!

さて、月桃ロード。
1月で、残念ながら花はないのですが、名前に作出者の名前を冠してあるものもあります。
こんなに色々な種類があるとは知りませんでした。
画像

日本統治時代に日本人学者の島田彌一氏の作った「島田氏月桃」、丈が小さめです。
画像

これです。
画像


川上氏月桃↓と書かれていました。
画像

屈尺月桃↓。
画像

台湾月桃。他にもいくつかありましたが、台湾に自生している元々の種でしょうか。
画像

月桃ロードです。
画像

台北植物園ではまだまだたくさんのことがあったのですが、今回はこれまで。

そして・・・、我が家の月桃。
やっぱりちょっと植える場所間違えている感じはありますが(苦笑)・・・、愛はあります。
画像

面白いことに出会えて、喜んでいます。

"日本人名を冠した月桃 in台北植物園" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント