クリスマスローズ ダブルピコティ   #クリスマスローズ #ピコティ

沈丁花が香り、クリスマスローズも満開になってきました。
球根からの花も咲き始めました。
今日は啓蟄。だいぶ暖かくなった気がします。

我が家では、雑草のようなクリスマスローズがほとんどなのですが、これは3年前に小さな株を買い可愛がったもの。
当時「ダブル 糸ピコティ」という札は付いていました。
ピコティ(履輪)はというのは花弁の縁に入るごく細い線のことのようで、「糸ピコティ」はその線が滲まない、本当に細い糸状のことを言うようです。
我が家のはすでに滲んでいて、ちょっと失格かも。
でも家で楽しむ分にはいいかなと思うし、下を向いているのがもったない花です。
画像


これは3月2日。
花が上がって来た時。
画像


今朝はかなり開きました。
画像

この株と、隣の別の種類の株との間に、種が散って赤ちゃん株がたくさん出ています。
どっちの株でしょうか。または混ざっているのかも。
クリスマスローズはこの段階でも葉が硬くて、踏んでしまっても起き上がってきます。
実生のものはいつもこんな感じのまま放置してしまっています。
間引くのが正解だと思うのですが、「間引いた株を捨てるのがかわいそう」などと思ってしまって、丁寧に抜いたものを育てようと試みたこともあります。
でも小さすぎる株だと枯れてしまうのですよね・・・。
画像

ミニ水仙のテタテタが咲き始めています。
これも、時間が経つと丈が伸びてきて姿が変わってきます。
こんな風景もいい感じです。
画像

これとは別に数種のクリスマスローズがあるのですが、雑草のように群生しているエリアが昨年の夏の暑さで半分以上枯れてしまいました。
でも、花が咲くと結構華やかになってきました。
また次回UPしたいと思います。

"クリスマスローズ ダブルピコティ   #クリスマスローズ #ピコティ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント