お隣からチラチラ、アブチロン&ホトトギス♪

お天気が安定せず、また台風が来るとか。 一度取りこんだ鉢物がまだ戻せずにいるのですが、もう少し待つことにします。 体調管理に気を使いますが、植物にも気を使ってあげないといけない季節になってきました。 そんな中、お隣さんが鉢植えにしていたアブチロン。 昨年くらいからこちらに顔を出してくれるようになりました。 当初はほんの「チ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シュウメイギクと庭の気味の悪いきのこ

先日、花が終わった金木犀を剪定し、庭の掃除をしました。 我が家のシュウメイギクはなぜか咲き始めが遅いのですが、金木犀の下にあるので、剪定すると花が散ってしまいます。 散らないように気を使いながら、剪定しました。 毎年咲く、清楚なシュウメイギクです。 株はとてもよくふえますが、真夏の暑さで蒸れてしまう株も多いです。 一筆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蜘蛛の空中散歩、ノボタンの仲間たち

ハシカンボク(波志干木)が庭で地味に咲き続けています。 blogを見直すと、2005年に植えていますので、もう12年。 元々は鹿児島、沖縄に自生している低温が苦手な植物のようですが、一度根付いてしまう横浜でも大丈夫。 とても強い植物です。 花が少ない季節に咲くので、なかなかよかったかも、と思っています。 同じノ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生ハーブにする金木犀の1週間

金木犀の季節になりました。 ただ、これもほんの1週間。 明日の雨で散ってしまうかも・・・。 毎年、金平糖のような花をちょっとだけ摘んで洗い、紅茶やサラダなどにパラパラっとかけて、香りと雰囲気を楽しみます。 いつもの朝のヨーグルトに、金木犀の花を掛けてみました。 金木犀は雌雄異株。 日本には…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実生の鉢植えトウガラシと、しし唐

トウガラシの最盛期です。 今年は、室内で越冬させたジョロキア、ハバネロがあまり勢いがなく、実の数が少ない状態です。 ナス科野菜用の肥料はたまにやってはいましたが、やはり鉢での連作のせいかもしれません。 でもやっぱり、綺麗です。 春には種蒔きをしましたが、種の保管が悪かったためか発芽に失敗。 仕方ありませんが、少ない実を…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

保存した球根からのクルクマの花と、月桃

昨年のGWに沖縄で球根を購入し、昨年夏は豪華に咲いたクルクマ。 昨年11月初めに掘り上げて、球根の保存をしました。 掘り上げた時の様子は、こちら。 保存するときの様子は、こちらです。 薬剤をまぶしてパーミキュライトの中に入れて室内で保存する、という、結構手がかかることをしました。 パーミキュライトに入れずに乾燥させたものは…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ライン川沿いのブドウ畑とワイングラス

フランクフルトから鉄道で朝リューデスハイムまで行き、観光クルーズの出発時間までの間、ブドウ畑を散策しました。 ゴンドラは10:00~でしたが、散策もいいと聞いたので、ぶらっと歩いてみることにしました。 これがまた、よかったのです。 白ワインをつくる、ブドウです。 畑の中に侵入することなく、こんなに近くで観ることができました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハイデルベルク、リンブルクの散策で出会った植物

素人の植物好きとしては、国内外問わずですが、旅行へ行くと可能な限りその地の樹木や草花の素人向けの本を買ってきます。 意外と探しても手に入らないことも多く、これだと思う本と出合うチャンスは貴重です。 今回、2冊の本を買うことができました。 今回のドイツ旅行は個人で鉄道での移動をしましたが、車窓からの景色がとても面白く、フランクフ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドイツパスで日帰り、ブリュッセルで花の祭典に・・・。

連休を取って、ドイツへ行ってきました。 フランクフルトに4泊したのでさほど遠出はできませんでしたが、フランクフルトを拠点にしてドイツ鉄道で思うままに綺麗な街並みや自然を観ることができました。 8月15日、この日はフランクフルトを出てブリュッセルまで行ってきました。 ドイツパスで、フランクフルトからブリュッセル南まで行き、各駅停…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

青いムクゲ

6年前に蓼科バラクライングリッシュガーデンで購入した、「ブルーサテン」という青いムクゲです。 場所がないので大きくできず、鉢で育てています。 肥料を控えめにしたせいか鉢で根詰まりを起こしたのか、昨年は花が咲かなくなってしまいました。 これではいけないと思い、肥料を入れながら鉢を一回り大きくしたら、今年は状態がよくなり花が咲き続…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブラックベリーとメキシカンチリ

暑いのにバラがまた咲いているのを見て、植物を尊敬してしまいます。 我が家のブラックベリーは10数年前からあるのですが、繁殖力が旺盛なのにそれなりの場所がないこともあり、一時はとても困りました。 でも、なくしてしまうのはちょっとさみしくて。 以前はジャムにもしましたが、とてもブラックベリーを茂らせておく場所がなく、実が付く新…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

球根からのダリア

暑い日が続いています。 休みの日は特に辛い!職場にいる方が楽なくらいです(><)。 本当に暑さに強い植物が頼もしく感じます。 ダリアは大好きですが、何年も咲いたものが弱ってきたので球根を新たに植えました。 これは一株から、たくさんの花を付けています。 何か、花火を連想します。 球根の袋の花は、この真ん中の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

種蒔き後のプルメリア

5月のGWに、某所のハワイ・ポリネシアンフェアにて、プルメリアの種を手に入れました。 挿し木用の枝のものや鉢植えもあったのですが、種蒔きも面白そうだなあと思ったのです。 プルメリアと聞くと、かなり前になりますが家族でマウイ島へ行った時、白、ピンク、黄色などの透明感のある綺麗なプルメリアの花が大木に咲いていて感激したことを思い出し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一番見頃、梅雨時の箱根湿生花園

第二の故郷(笑)、箱根仙石原の箱根湿生花園へ行きました。 6月下旬~7月初めの梅雨時が一番いい、とは聞いていましたが、今回は今までで一番花が綺麗だとはっきり言えるくらい、とてもよかったです。 ここが好きで、年に2-3回行くのですが、行くたびに自然の表情が違って飽きることはありません。 今回、花が綺麗でしたので、とにかく花を少し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

日本では梅雨時の花、アガパンサス

アガパンサス、お隣さんからいただいた株がたくさん増え、この時期に満開になります。 どうしても雨に当たりますが、丈夫な花です。 とても涼し気で、この時期の花としては紫陽花とともに欠かせません。 この花は、咲き始めが面白くて注目してしまいます。 まるで動くようです。 アガパンサスは梅雨時に紫陽花と一緒に咲く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピンクのトランペットリリー

以前、何年も咲いた大輪のユリが消えて2-3年。 やはりこんなユリが好きなのか、同じような種類で、少し淡い色の花の球根を植えました。 この手のユリは、蕾が鳥のくちばしのようで、これを観るのも楽しみの一つです。 しべです。 開き始め。 花粉がたくさん出ています。 だいぶ受粉できたかな。 スギの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

皿ケ嶺キキョウ

関東地方も梅雨入りしたのですね。憂鬱ですね~。 さてそれでも、ちょっと珍しい、涼し気な、皿ケ嶺(サラガミネ)キキョウです。 キキョウといても初夏によく咲く花で、ホタルブクロとチシマキキョウの交配種で、愛媛県の皿ケ嶺で育種されたことにちなむ名前だそう。 5月初めに八ヶ岳へ行った際に、八ヶ岳倶楽部でこの皿ケ嶺キキョウ他、山野草も含…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キングローズとノイバラたち

庭の細かい花たちがワイワイガヤガヤ言っています。 丈夫で強剪定してもよく伸びるキングローズ。 ツルバラは、切り花にしようとしても花瓶に挿すと花が下向いてしまいます。 でも花が小さい品種は大きな花のように頭(花)が重くないので、口の細い花瓶で茎が動かないようにすればなんとか挿すことができます。 そばにある、クレマチス・インテグ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のバラ、ピエール・ドゥ・ロンサール 

庭のバラ数種が咲いています。 腕がなくて決してうまく育てられるわけではないのですが、バラが咲くと本当に心地がよいものです。 やわらかくて優しいこのバラ、ピエール・ドゥ・ロンサールは今年で5年目。 条件が悪い我が家でもよく育つほど、丈夫です。 お隣さんとの間を這わせていますが、そのお隣さんから譲ってもらったアーチに続けて絡める予定…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月、オダマキが綺麗。

種で自然に更新を続けている、気に入っている西洋オダマキです。 オダマキって、どこから見ても、その造形美は唸ってしまうほど。 それにしても、種であちらこちらに出てきます。 種の中に、これだけの形が記憶されているんでしょうから、不思議です。 今まで数種のオダマキを植えましたが、混ざらずに一番好きなこれだけが残ってラッキー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more