テーマ:ジンチョウゲ科

挿し木株と親株、沈丁花も香りの競演。

庭に出ると沈丁花の香りがプンプンしてくるようになりました。 クリスマスローズが次々咲き、ヒヤシンスも大きな蕾が上がってきています。 冬咲きクレマチスの花が終わり、羽の付いた種がふわーっと飛んでいきます。 さて沈丁花。 親株は2004年に実家の木を挿し木したものですが、数年前から花が咲くと葉が消耗して黄色くなったり落ちてしまっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春めいて、沈丁花が咲き始めました。

空気が春のように霞んだ感じになっています。 クリスマスローズの花も上がってきました。 徐々に蕾が膨らんでいた沈丁花が咲いて、早い花は香り始めました。 我が家の沈丁花の木は勢いが落ちているので1年半前に挿し木をしました。 その挿し木株↓です。 真っ先に満開に近くなって香り始め、感激しました。 当たり前ではありますが、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっと満開、沈丁花!    #沈丁花

沈丁花がやっと満開になりました。今年は寒かったせいか、少し遅めです。 ふわっと香りに誘われる気持ちになる、不思議な花です。 実家から挿し木でふやして、もう15年以上経つかもしれません。 沈丁花はあちらこちらを向いてさくところも、不思議です。 株が古くなってきたので、昨年、挿し木しました。 新芽も出て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沈丁花の開花

庭の沈丁花が開き始めました。 沈丁花は早くから蕾を付けているのですが、時間をかけて蕾が膨らみます。 蕾の先が白くなってくると、開花が近いとわかります。   花は外側から咲きはじめますが、分厚い花びらに存在感があります。 このくらいの開花具合の時に、身に付けたいという衝動にかられます。 どこかチャーミングです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沈丁花が3分咲き。

沈丁花のほのかな香りが漂っています。 このくらいがちょうどいいかな、という香りの強さです。 我が家では、まだ3分咲きというところです。 沈丁花は早くから蕾を付け、蕾が膨らむまでの期間が長いと思います。 蕾がやわらかくなって、しわができて、先が白っぽくなって、ついに開くのです。 なぜか我が家の沈丁花は、花の咲く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沈丁花の可愛い開き方

庭の沈丁花が5分~8分咲きです。 今年は、例年より遅いです。 沈丁花はつぼみが早くから付いており、待って、待って、やっと咲くのです。 匂いもそうですが、満開の少し前が一番いいかと。 冠のようです。 沈丁花は、花があちらこちら向いて咲くのがなんとも面白いと感じます。 香りだけでなく、ちょっとした表…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

満開直前の沈丁花

沈丁花が満開に近くなりました。 満開が近くなり、香りも強くなってきました。 満開になると「紅色」が見えなくなってしまうのですが、そのちょっと前は紅も白があり、いい時です。 沈丁花の花は、向きがバラバラ。 そして、開ききらない時のアンバランスな感じもなかなか。 もう何年も前に、実家の沈丁花を挿し木したものです。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

開き始めた沈丁花

急に暖かくなりました。 そして、やっと沈丁花が開いてきました。 蕾を付け始めるのは、たしか11月ごろだったと思いますが、それからずっと蕾でした。 早い年は2月の半ばにかなり咲いているのですが、今年は遅め。 うれしくなって、アップしました。 これは3日前の、3月3日。 蕾の先の方から、内側の白い部分が見えかけて…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

やっと、開き始めた沈丁花

待って、待って、やっと沈丁花が咲きだしました。 例年より1か月遅れです。 不思議と沈丁花って、咲き始めの時が一番ドキドキします。 蕾が付いてからかなりの時間待たされ、蕾の様子もよく観ているので。 沈丁花の花弁は重くて厚く、まだまだ残る寒さに耐えているように映ります。 満開もよいですが、このくらいの状態がチャーミング…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

香り出した沈丁花

暖かい日と寒い日が極端ですが、やはり3月になったなと感じます。 庭の沈丁花が、半分くらい開きました。 そして、香り始めました。 今日は冷たい雨。 まだ香りは弱いのですが、花が大きく見えるようになり、やっと存在感が大きくなりました。 蕾を付けたのは11月ごろだったでしょうか。 時間をかけて、やっとここまできました。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

蕾が膨らむ沈丁花

沈丁花の蕾が膨らみ、もう少しで開いてくるところです。 沈丁花は、蕾が付き始めるのは早いのですが、開花までが意外と長いように思います。 でも、蕾が柔らかくなって、ふんわりしてきています。 もう間もなく、です。  この沈丁花は、挿し木をしてから6-7年経ちました。 年々、しっかりしてきたように感じます。 ただ、今…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

八分咲きの沈丁花

暖かくなったり寒くなったり、本当に気温の差が激しい毎日です。 沈丁花が満開に近くなってきています。 先日の暖かさで、でしょうか。 沈丁花の花は雨や風で散りそうという心配はなく、厚い花弁はとても安心感があります。 蕾は早くに付き始めるのですが、花まで長いことったらありませんでした。 そしてまたこの強い香り。 なかなか神秘的…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

沈丁花、開き始めた瞬間

寒い日が続きます。 花弁の裏側が紅色の、沈丁花。 内側の白い部分が顔をのぞかせ始めました。 今、開き始めです。 気温はまだまだ低いのですが、やはり春の光を感じるのでしょうか。 気付けば冬至から1ヶ月半、日は確実に延びています。 沈丁花は、11月に花芽を付け始めたような気がします。 長い長い冬を、蕾のまま、ほん…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

開花進行形・・・沈丁花

春のような陽気の後の冷たい風、横浜も今日は寒い一日でした。 毎年、沈丁花がいつ開花するのかに、私は敏感です。 理由があるのですが、秘密にしましょう。 今日は寒かったものの、このところの暖かさはそのまま花にあらわれています。 かなり咲き進み、この花は全開まであとほんの少し。 蕾はかなり前からついていますので、ここまでが長…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

沈丁花の開花

光も風も、春めいていました。 そして沈丁花が、五分咲きくらいになりました。 近づくとほのかに香る程度ですが、明るくなりました。 蕾がついたのは12月初旬だったと思うので、最初のひとつが開いたときの喜びといったらありません。 あっという間に満開になるでしょう。 よくある沈丁花ですが、花びらが厚く、表裏の色が違い、凹凸があること…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

沈丁花の紅い蕾

沈丁花は、早い時期にかたい蕾を付けます。 そして、蕾が長いこと・・・。 待っているからこそ、蕾をよく観ます。 そうすると、徐々に紅くなっているのがわかります。 この紅い実が徐々に膨らんできて、開花するのです。 昨年は開花が早かったのですが、今年はどうでしょうか。 あの香りが、この蕾から発せられるのですから、不思議なく…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

満開の沈丁花と横浜国際女子駅伝

沈丁花(ジンチョウゲ)が、ついに満開に近くなりました。 久々に寒かった一日ですが、今日はたまたま横浜国際女子駅伝の通り道近くにいましたので、 その迫力も味わってきました。 毎年この駅伝をやる時期はとても寒く、満開の沈丁花との組み合わせなんてとても信じられないのです。 今日の寒さにあって、花も長持ちしてくれるといいなと思います。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

まだ微香のミニイヤリング♪沈丁花

沈丁花が咲き始めています。 外側から一つ一つ咲きはじめます。 蕾から花までがいつもは長く長く感じるのに、今年は早い。 暖かいですものね。 昨年は3月上旬、一昨年は2月下旬にこの感じでしたから。 こうやってみると、香りを思いっきり外に放出しているようです。 沈丁花は満開になると香りもかなり強いのですが、この程度の香りもまたよい…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

沈丁花(ジンチョウゲ)の紅いつぼみ

挿し木した沈丁花の蕾が、紅くやわらかくなってきました。 沈丁花は早くから蕾を付けますが、紅くなるまでに時間がかかり、こんなに紅くなっても咲くまでまだまだ時間がかかるのです。 春を待つ気持ちと同じく、長く長く感じられます。  これは上の沈丁花の花の12月初めの様子です。 ここから1ヶ月半以上かかったことになります。 挿し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

沈丁花の開花と、食べられるおひなさま

待ちに待った沈丁花が開花を始めました。 まだほんのちょっとしか開いていません。そばによると香りがほのかでとてもよいのです、というか、そばに寄らないと香りがしないところがまた、この時期のよいところかな。 やはり昨年より、開花が遅いです。 今日は午後から雨が降ってきてしまいましたが、これは今朝の様子です。 …
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

赤レンガ倉庫&豪華客船飛鳥Ⅱと、沈丁花の蕾

今日は所用でみなとみらいの赤レンガ倉庫へ行きました。暖かかったです。 来た時にはここに船はなかったのですが、出る時には大きな船がいるではないですか。(写真左 クリックすると少し拡大します) ニュースを見るまで知らなかったのですが、ちょうどもうすぐ就航する豪華客船「飛鳥Ⅱ」が入って来たのです。あまりの大きさにびっくりしました。時間がな…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

満開に近い沈丁花♪

ポカポカ陽気に誘われてか、沈丁花が一気に開花してきました。 もう、この木は満開に近い状態で、いい香りをただよわせています。 この香りは幻想的です。 挿し芽した方も、かなり開いてきました。 花を見るといろいろな思いと重なります。 先週、今週と卒業式が続き、沈丁花の香りも卒業式の思いと重なっていきそうです。
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

「まだかな?」について

「まだかな?」について 待ち焦がれる、って、この時期の楽しみです。 きっと地域によって随分差があるのでしょうね。 うちの方(横浜ですが・・)では、気のせいか、ジンチョウゲのつぼみの端の方が白っぽく開いてきている花がありました。 あの匂いも、今生成中?でしょうか・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「挿し木のジンチョウゲにもつぼみ♪」について

「挿し木のジンチョウゲにもつぼみ♪」について こちらは親木。さすがに安定感があります。 ジンチョウゲって、実を見かけたことがないのですが、 雄雌異株で、日本のものは殆ど雄株だからだそうです。 でもジンチョウゲの赤い実は、有毒だとか。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

挿し木のジンチョウゲにもつぼみ♪

1月に入り、ジンチョウゲに可愛いつぼみができました。 ジンチョウゲは毎年挿し木をしますが、 かなり成功率が高いです。 挿し木した株にもつぼみがつきました。 挿し木で発根してエネルギーを使ったのに 花まで咲かせる生命力の強さには感動を覚えます。 挿し木には何でも利用しますが、 空き缶のリユースで十分。 ジンチョウゲは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more