テーマ:キンポウゲ科

清楚なシュウメイギク

季節がどんどんうごいています。 ハロウィーンで、町はオレンジ色にあふれていますが、庭のオレンジ色はトウガラシくらい(笑)。 やはり秋は、薄紫系が多い気がします。 白い、素朴なシュウメイギク。 これだけは、blogにUPしたい花です。 ずいぶん前に隣家の地下から入ってきてくれて、やや日陰の部分に株がたくさんあります。 ただ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

オダマキの生存競争

大好きなオダマキの時期になりました。 以前庭には、数種類のオダマキがあったのですが、強いもの、弱いものがあるのかしらと思います。 というより、もともと3年程度で枯れる多年草だと思うので、次の世代を実生で残せるか、というところが勝負なのかもしれません。 あまり好きではなかった(苦笑)カナダオダマキは早く消えてしまったし、その後他…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満開!早咲きクレマチス アーマンディー アップルブロッサム

桜の満開に合わせて、我が家の早咲きクレマチス‘アップルブロッサム’が満開になりました。 リビングルーム真ん前に数mに渡って咲きそろうので、パーっと明るくなります。 香りはほのか。色もほんの少しピンクがかった白。 小花の集まりは、本当にきれいです。 ちょっと切って室内に飾ると、屋外ではほのかなはずの香りが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雑草クリスマスローズ

今日は気温が高く、開き始めた沈丁花が一気に咲き進みました。 我が家のクリスマスローズは、地下にどっしり根を張って、次々とミックス種となって散った種から雑草のように生えてきています。 今、満開を「5」とすると、急に「3」くらいに咲いてきました。 こちらのピンクは2-3日前から立ち上がり始めました。 クリスマスローズ工場のよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬咲きクレマチス ユンナンエンシス(アンスンエンシス)

昨年植えこんだ、冬咲きクレマチス‘ユンナンエンシス’です。 ‘アンスンエンシス’という方が聞き慣れているのですが、ネットで調べると「旧名」のようで。 まだ小ぶりで、広がり始めたところです。 以前あった冬咲きクレマチス シルホサ・フレックレスが一時はものすごく伸びたし花数も多かったのですが、勢いが全くなくなってしまい、完全に消え…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

原種系クリスマスローズ アウグチフォリウス

12月から暖かかったせいか、この早咲きの原種系クリスマスローズ・アウグチフォリウスは12月の半ばから咲いていました。 寒さが本番になって、その強さを見せつけています。   黄緑を帯びた白い花に、この鋭い鋸葉。 クリスマスローズの鋸葉は鋭いのですが、これはその中でも鋭い葉です。 花は下を向いて純粋で、かつ寒さに強いときて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シュウメイギクとフィカス・プミラ

地下茎でふえている、シュウメイギクです。 ピンクや八重も綺麗ですが、私はやはり白のシンプルな一重が好きです。 この花、一重の部分はガクのようです。 いつもこの時期、金木犀の花が終わり剪定する際、シュウメイギクの上に枝を落とすなどして、何本も犠牲になります(^^:)。 初夏に思い切り株がふえるのですが、真夏の暑さでかな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クレマチス Belle of Woking

庭の鉢植えのクレマチス、Belle of Woking。 毎年同じ鉢で、ずっと咲いてくれます。   この花が好きで、そういえば昨年からずっと、家のPCの壁紙にしたまま1年が経ってしまったのでした(^^;)。 これぞ、葉と花に見えるガク部分の区別がつかない、という状態。 こんな繊細な色の花、なかなかないのでは。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ラナンキュラスとアネモネ

秋に植えた球根から咲いたラナンキュラスが四月末からやっと咲きました。 なんと、球根からは初めて。 ラナンキュラスは、葉が出て茂ってから花をつけるまで、結構日にちがかかるのですね。 すごくいい色なので、部屋から眺めると幸せな気持ちになります。 花によってはふっくら。 しべの部分は、アネモネにそっくりです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

清楚な風鈴オダマキ

庭の風鈴オダマキ2色が咲きました。   普通のオダマキと違って「距」がなく、姿が清楚です。 こちらは白。 あら?この糸のようなものは何なのでしょう。 蜘蛛の糸ではないと思うのですが…。 下向きというところは普通のオダマキと一緒ですが、「風鈴」というのは、その素朴な雰囲気から名付けられたのかなとも感じます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

更新が得意 オダマキ

次々と咲く花に水をやるだけで精一杯の日が続いています。 1か月前とはさすがに蒸散のスピードが違います。 さて、大好きなオダマキ。 数種類あったのですが、大好きな種類が一番強健なようで(^^)、好きな場所に勝手に生えてきています。 多年草とは言いますが、2-3年で気づかぬうちに枯れ、枯れる前に子孫を残しているようです。 種類…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クリスマスローズが盛り。

クリスマスローズが華やかです。   これだけあると、切り花にして部屋でもたのしめそうです。 種が散って、実生の株がたくさん集まっています。 交雑していて、よくみると少しずつ花が違います。 左奥には白花がありますが、お隣さんに白花があるからかと思います。 これは少し離れた場所の花で、色が濃い目です。 ただ、黒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いい色の原種系クリスマスローズ‘アウグチフォリウス’

庭の各種クリスマスローズが咲き始めました。 大株~あかちゃん株まで交雑したものもあり、ピンク、オフホワイト、ブラック、混ざったもの…と色々な種類が咲きます。 でも、まずはこれ。 株が古くなってしまい、もう終わりかなと思っていたのですが。 例年よりだいぶ遅くの先月中ごろに蕾が付き、今月から咲き始めました。 花期が長…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やっぱり好きな、シュウメイギク

庭のシュウメイギクが咲いています。 台風の中でも、倒れませんでした。 清楚で慎ましく、かつ強健な花です。 やはりこの花は好き。 線が複雑でなく、シンプルでのびやか。 キンポウゲ科の植物らしい花の咲き方がたまりません。 後姿も上品。 もともと、お隣から入ってきて住み着いたもの。 こちらから「おいでおいで…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

クレマチス‘ベル・オブ・ウォッキング’

クレマチスも咲き続け、バラが綺麗になってきました。 我が家のクレマチス‘ベル・オブ・ウォッキング’です。 クレマチスの花弁はガクだそうですが、葉と花弁(ガク)の境がはっきりしないものがあります。 この花の裏側も面白いのですが、綺麗です。 この真ん中あたりのものは葉だと思うのですが、こんな風に斑になっている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クレマチス‘土岐’

気持ちのいい時期になりました。 今年は少し例年と花の順番が違っていて、クレマチスが咲いているというのにまだチューリップが持っています。 クレマチスらしい、やわらかなクレマチス‘土岐’。 やさしい「おかあさん」のような雰囲気、と言っていいでしょうか。 うわ、それでも風が強くて、耐えるのが大変そう。 このクレマチスは、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

クレマチス‘カートマニージョー’

ニュージーランド系のクレマチス‘カートマニージョー’が満開に近くなっています。 以前一度枯らしていて、これは2-3年前に小さな株で手に入れたものです。 アップルブロッサムの花とは、似ているようで違います。 全体的に緑がかっていて、独特の雰囲気があります。 寒さには相当強いようなので地植えにしてもよいのですが、雨に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

オダマキの後姿

大好きなふわふわの西洋オダマキが咲きました。 何年も前に姉からもらった株から種が散り、新たに育っているものです。 この後姿、やわらかい曲線を持っています。 オダマキはキンポウゲ科の植物で、外側の花弁に見えるものはガク、内側の筒状のものが花弁です。 花弁は、ガクを突き抜ける形で後ろに<距>を持ちます。 特に後ろ側はとても…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

根がしっかり張った、クリスマスローズ

大雪で、だいぶ庭も影響を受けました。 沈丁花も開花が遅れていますが、蕾が急に膨らんできました。 クリスマスローズも雪に埋まってしまい、奥の日陰でしばらく重たい雪をかぶったままでした。 今日は、雨。 やっと手足を伸ばすことができた、という感じを受けます。 我が家ではオフホワイトが一足先に咲き、ブラックはまだ蕾です。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

地面近くで蕾が膨らみ出す、クリスマスローズ

寒い中、地面付近ではごそごそと植物が動き出しているようです。 地面に顔を近づけると、自然と会話ができる季節のような気がしてしまいます。 庭のクリスマスローズです。 地面付近で、ピンク色の蕾が膨らんできていました。 まだ、手で葉をどけなければ見えないのですが…。 白系も、蕾が。 今年は残念ながら、原種系の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

咲き続けるシュウメイギク

11月になっても咲き続けている、大好きなシュウメイギクです。 「キク」と言ってもキク科ではなく、キンポウゲ科のアネモネ属。 慎ましやかな咲き方をする、大好きな花です。 毎年、どんどんふえていくのですが、場所がないため抜いてしまうことと、夏の暑さでダメになってしまう株があります。 でも、ちょうどよい数のシンプルな花が長く咲…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

動く、西洋オダマキの花。

やはり、狭くて現実とはいえ、自宅で育てた花を愛でるのはほっとできるもの。 大好きな、西洋オダマキです。 姉から分けてもらった株から実生でふえているものです。 満開で、種も付いています。 やわらかい色ですが、にぎやかです。 同じ鉢ですが、薄い色と濃い目の色があります。 実生の2-3年目ですが、多少混ざっているのかも…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

クレマチス‘土岐’

白いクレマチス‘土岐’です。 風にあおられながらも、その姿を保っています。 白い大輪の土岐が咲くと、ほっとするような優しさを感じます。 16-7cmの大輪の花が咲きます。 裏側に緑色の筋があり、咲く直前の姿も個性的です。 土岐は、咲き始めは緑色が強く、開花が進むにつれて、純白になっていきます。 実は、上の2…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

満開の早咲きクレマチス‘アップルブロッサム’

早咲きクレマチス‘アップルブロッサム’が、桜と同じく、満開になりました。 たくさんの小さな花を付けています。 かわいい花たちです。 真っ白ではなく、ほんのりピンク色です。 赤ワインを薄めたような色が、花の裏側を染めています。 桜と重なるような花の時期、庭が明るくなります。 繁殖力がとても旺盛です。 お隣さんにも大きく進…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黒いクリスマスローズ他

遅咲きだと思っている黒いクリスマスローズ<ルーセ・ブラック>も、満開に近くなりました。 とても品があって、シックは色合いです。 昨年は4月1日にアップしていましたので、今年はやや早いのかもしれません。 不思議と、他のどんな花とも色が合います。 だんだん株が大きくなってきて、うれしいです。 他のクリスマスローズは少し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クリスマスローズの開花

春らしい日差しの日が増えてきました。 眼が痛いのも、花粉のせいだと思います。 実生のクリスマスローズに花が咲いていたことに、今朝気付きました。 早咲きのものを除けば、今年初めてのクリスマスローズの花です。 お隣さんのクリスマスローズにそっくりな花なので、種が飛んで育った株だと思います。 自分では絶対に植えないような、ベ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

blog誕生日に、早咲きクリスマスローズ。

ミントのみん、2005年1月7日に最初の記事を書き、丸8年が過ぎました。 ついに9年目に突入します。 何気なく続けてきたとはいうものの、何と早いことでしょう。 初期の頃と変わっている部分もあれば、進歩がないなと思えるところもあるのですが、1人で自由気ままに書けるところは、よい息抜きとなっていることに間違いありません。 今…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

冬咲きクレマチス シルホサ‘フレックレス’

今年も晩秋から、冬咲きクレマチス シルホサ・フレックレスが咲いています。 2005年に静岡県のクレマチスの丘で小さな苗を購入し、3年後には幅2m半に渡ってたくさんの花が咲きました。 しかしその後縮小し、今は幅1m半くらいに収まっています。 花の少ない時期に長く咲いてくれる、華奢に見えて意外と丈夫な植物です。 地味な花では…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more