テーマ:キンポウゲ科

牛乳パックリユースでクレマチスの挿し芽

挿し芽によい時期になってきました。 種蒔きもよいけれど、挿し芽で発根を確認すると、不思議な喜びがあります。 このクレマチスは、4月初めに咲いた、早咲きのアーマンディー‘アップルブロッサム’。 今年も、この記事でアップしました。 花後は、どんどんツルが伸びてきます。 この挿し穂、葉は肉厚で、茎も太く、葉と葉の間も長いつく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クレマチス‘Belle of Woking’

大好きなクレマチス‘Bell of Woking’が咲いています。 これを見ると、やはりクレマチスは私の一番好きな花の1つだ、と言いたくなります。 今年は連休に出かけてしまったので、アップし損ねたクレマチスもありましたが、これはタイミングがピッタリでした。 この花の楽しみは、葉と花(花弁ではなくガクなのですが)がはっ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ふわふわオダマキ

旅行で出会った植物の話をもっと書こうと思っていたのですが、庭の花たちが次々と咲いているのを見ると、こちらを優先したくなりました。 また機会があれば旅行の話に触れるとして、5月の周囲の植物に戻ろうと思います。 大好きなふわふわ・ふりふりオダマキが、次々と咲いています。 元はと言えば、義姉が苗を丁寧に箱に入れて送ってくれたもの。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

黒色のクリスマスローズ

花が一気に咲き出しました。 早咲きのクレマチスが開花し始め、早咲きチューリップが咲いています。 例年以上に、開花に追いついていかれなくなりそうです(笑)。 我が家のクリスマスローズでは最後に咲く、ブラック系のクリスマスローズです。 ‘ルーセ・ブラック’という名前が付いていたと思います。 後ろは、庭の大株のピンクのオリエ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

実生のクリスマスローズのマジック

クリスマスローズが満開になりました。 これは、我が家で一番大きな株です。 何度か株分けをしているのですが、また大きくなりました。 この左下の方には、双葉の赤ちゃんが沢山でています。 その1年前、2年前、3年前・・・に発芽したものもそのままあります。 これは、ちょっと別の場所の、こぼれ種から育ったものです。 よ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

やっと、クリスマスローズの季節

クリスマスローズの花がやっと上がってきて、やっとその季節になったと感じられるようになりました。 やっぱり、この花が好きです。 下を向いていてなんとなく慎ましく、それでいて実は芯の強さを持っています。 実生でここまで育ちました。 何年かかったでしょうか。 この角度だと、2種類の大きな株があります。 手前の白…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

早咲きクレマチスが、春の準備。

暖かい日があったかと思うと寒くなり、やはり今年は色々な花の動きが遅いようです。 沈丁花も、まだ開花しません。 でも、早咲きのクレマチス・アーマンディー‘アップルブロッサム’が、少し動き始めています。 この膨らんだものは、蕾ではありません。 構造が複雑で、毎年動きを観ながら「ああこうなっていたんだ」と思います。 この…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

咲き出したクリスマスローズ

今年は例年より開花がだいぶ遅く、早咲き以外のクリスマスローズがやっと咲き始めています。 実生のクリスマスローズです。 これは、お隣さん境界付近に植えられている花とそっくり。 お隣さんの白いクリスマスローズの花とは1.5mくらい離れています。 面白いし、うれしいものです。 ベランダの降り口に生えてきたので、踏まれなが…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

早咲きクリスマスローズ・アウグチフォリウスの開花

今年は寒さのせいか、庭の花も動きが遅いように感じます。 今日は、やっと1日暖かい日ではありましたが…。 庭の早咲き原種系のクリスマスローズは、今年に入って花が開き始め、やっと満開に近くなりました。 グリーン系の花、どこか私たちの肌に近いような気がします。 動きも遅いのですが、今年は昨年、一昨年よりもさらに遅い開花となりま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

クリスマスローズの愉しみ

早咲きタイプ、原種系のクリスマスローズ'アウグチフォリ ウス' の蕾がふくらんできました。 花の色が淡いグリーンを帯びたクリーム色で、とても長持ちします。 地味ではありますが、存在感を強く感じる花です。 年内に、花が開くでしょうか。 でもこの葉の周囲の鋸状態、驚いてしまうほどです。 亀の「歯」のようにどう猛にも見えます…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

冬咲きクレマチス シルホサ・フレックレス

6年前に手に入れ、毎年10月末から咲き始める、冬咲きクレマチス シルホサ・フレックレスです。 咲き始めはこの向こう側(反対側)からで、ポツポツとこちら側にも。 寒い、雪のクリスマスに、暖かい部屋で鐘の音を聴いている雰囲気でしょうか。 厚手の上品なオーバーコートに包まれている感覚にもなります。  慎ましやかな花も、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

白いシュウメイギク

心地よい秋の空気の中で、庭のシュウメイギクが咲いています。 清楚で静かな雰囲気が、心を落ち着かせてくれます。 キクと言いながらキクでない、キンポウゲ科の花。 白い部分は花弁ではなくガクで、ちょっと慎ましやかなところがおしゃれかもしれません。 英名ではJapanese anemoneとも言い、花のつくりはたしかにアネモ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

クレマチス‘篭口(ロウグチ)’と地名

クレマチス‘篭口(ロウグチ)’が咲き続けています。 咲き始めは、昔のクラシックな女性の外カールの髪型を連想し、咲き進むと優雅なスカートを想わせます。 地味ですが深みのあるいい色で、大好きな花です。 植えたのは5年前だったかと思うのですが、いつも朝顔を一緒に植えてしまうせいか、最初はほとんど伸びず、花数も少なかったものでした…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

クレマチス‘Belle of Woking’

やわらかでしっとりした、クレマチス‘Belle of Woking’ が咲き続けています。 花弁がガクであるというクレマチスですが、本当にガクから花弁に変化していくような感じさえ受けます。 若い、こんな感じもとてもいいし・・・。 広がってきた時の感じも、豊かな気持ちにさせてくれます。 とにかく、やわらかい色、雰囲気に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

存在感の大きい、クレマチス‘土岐’

白い大輪のクレマチス‘土岐’が、今年はたくさん花を付けました。 私の手の親指と中指を伸ばしてやっと届く、直径15cm以上の大輪です。 お日様が当たっている花はとても明るく、風でひらっとするだけでわかるような感じです。 存在感が大きいです。 最初の黄色っぽい開きかけも、若くて動きがあって好きです。 不思議で…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

交雑?・・・ふわふわオダマキ

随分前に姉から分けてもらった、とても好きなふわふわの西洋オダマキです。 毎年種があちらこちらに散って、ふえています。 これは種でふえた株を堀り上げて鉢に入れ、開花を待っていたものです。 他の株は地面にありますが、鉢だとあちらこちらへ移動させて観ることができるので、楽しいです。 あれ、花の端っこの方の色が、濃い・・・?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クレマチス・アーマンディ ‘アップルブロッサム’

春本番になりました。 いつも桜と同じ時期に満開になる、クレマチス・アーマンディ ‘アップルブロッサム’です。 以前は上に蔓を伸ばしていましたが、横に這わせるようにしました。 花後の蔓の伸び方は豪快で、生命力の強い植物です。 今年はなぜか涙が出るほど美しく、やわらかいたくさんの小花が何かを語ろうとしている気がします。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

シックなクリスマスローズ

今朝はとても寒くて、3月の下旬とは思えないほどでした。 でも、庭の花が次々と開花しています。 クリスマスローズは満開になっています。 そしてこれは、4年近く前に小さな株を買って植えた、シックな色のものです。 ‘ルース・ブラック’と書かれていたと思います。 この種類は、他のクリスマスローズよりも咲き始めが遅いようです。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

実生のクリスマスローズたち

春らしい日が多くなってきました。 庭の沈丁花も開き始め、ムスカリも花が咲いてきました。 庭のクリスマスローズも、にぎやかになってきています。 これが我が家の一番大きなオリエンタリスの株です。 満員電車のようですが、とても元気。 もうちょっと花が上がってくると思います。 毎日、動画のように変化をしているように感じます。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

淡いグリーンのクリスマスローズ

12月になり、早咲きの原種系クリスマスローズ‘アウグチフォリウス’ が少しずつ動き出しました。 うわ~。 なんと、温かそうな。 自然のままの淡いグリーン。 冬の光は、一瞬一瞬、微妙にその表情を変えて見せてくれます。 下を向いて咲く、クリスマスローズ。 花を観るには、こちらが地面にうんと近づかなくてはなりま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

冬咲きクレマチス シルホサ・フレックレス

10月末から咲き続けている、冬咲きのクレマチス、シルホサ・フレックレスです。 5年ほど前に植えたものが、伸びて伸びて、蔓で向こう側が見えなくなるほどになりました。 その後ちょっと剪定をさぼってしまいました。 でも、控えめでちょっとかわいらしいこの花、小さい鈴の音が聞こえてきそうです。 花の中が、とても温かそう・・・。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シュウメイギク(秋明菊)の花

秋の花が、次々と咲いてきてます。 大好きなシュウメイギクです。 数年前、お隣から進入してきました。 「おいでおいで」と呼んでいたのですが、最初は蕾までできても開花せず、意外と花が咲くまで時間がかかりました。 でもしっかり根付いたら、ふえ方は半端ではありません。 葉と葉が重なるようにびっしりふえてしまい、夏場は放置し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

クレマチス‘ベル・オブ・ウォーキング’

大好きな、クレマチス‘ベル・オブ・ウォーキング’です。 やはり八重のクレマチスは開花すると、その優雅さに心を奪われます。 色が変わりながら、少しずつ開きます。 花弁に見えるものはガクなのですが、この花を観ているとガクと花弁が一体になっているかのように、薄緑色が綺麗に花に混ざっています。 この混ざり加減が、なんとも言え…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

フリフリ・ふわふわのオダマキ

とても気に入っている、フリフリ、ふわふわのオダマキです。 5年前に姉から譲ってもらい、大切にしているものです。 これは玄関前にパラパラっと種を蒔いたもので、ここを通るたびに観ることができます。 今日は気温が高かったのですが、まだアブラムシの被害にあまりあっていません。 でもオダマキはこの「距(きょ)」という後ろ側の部分…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ほぼ満開、クレマチス・アーマンディー‘アップルブロッサム’

一番好きな花の一つ、クレマチス・アーマンディー‘アップルブロッサム’が満開になりました。 そう、毎年桜と同じ時期に満開になるのです。 このクレマチスは高木に絡ませていたのですが、昨年外し、高めのフェンスに這わせるようにしています。 2004年の春に静岡のクレマチスの丘で、花の終わった1m弱の高さの株バーゲンで購入したものですが…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

クリスマスローズ‘ルーセ・ブラック’

あこがれの黒系のクリスマスローズの苗を手に入れてから3年近く経ち、今年初めて花が咲きました。 他のクリスマスローズよりやや遅くなりましたが、咲きそろいました。 購入した時は小さな苗でしたので、花が咲くまで時間がかかりました。 今月初めに、初めての花をしっかり咲かせた時には、感激しました。 中がなかなか見えないので、少し上…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

開き始めたクレマチス ・アーマンディー‘アップルブロッサム’

春の進み方に、勢いを感じます。 早咲きのクレマチスが、開花を始めました。 蕾の紅みがほんのり残っていて、開き始めは特にやわらかさを感じます。 細かい花の集合で、やわらかい表情のアップルブロッサムが、私は特に好きです。 満開になると、もう春は進まなくていいと思ってしまうくらい・・・。 このクレマチスは毎年アップして…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ふえて楽しいクリスマスローズ

クリスマスローズのシーズンになってきました。 我が家のクリスマスローズは本当に放置状態なのですが、今年は少し様子が変わってきました。 お日様が当たると、とても綺麗です。 でも、下を向いた花なので、すごい姿勢をしないと見えないのです(笑)。 メインの株です。 株分けも何度かしてきたのですが、また大きくなってきてしまい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

次々と・・・クリスマスローズ

庭のオリエンタリスが、ポツポツと開花しています。 ここのところの寒さとすっきりしない天候で、進み方は遅いようにように感じています。 今、我が家のクリスマスローズは、完全に上まであがっておらず、進行形状態。 我が家にあるクリスマスローズは4種類ほどですが、これからの時期、次々と蕾が上がってくるところがとても楽しみです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more